MOTHERSHIP PSYCHOSIS

f:id:seiichiroslibrary:20170604005245j:plain

MOTHERSHIP PSYCHOSIS - MOURNING TO AFTERNOON


Hi,
I am sorry for the delay.
Finally I introduce the interview of Mothership Psychosis about new album.
Their album is one step ahead of garage rock boom in the middle of 2010s.
Inspired by 1960s-70s psyche music and JAZZ ,each songs’s quality very high.
I think its reason is the songwriting of using much improvisation and making attentive sound.
Brandon from the dead beat joined the band and they are going to make album.
I am looking forward to the future of this band.

 

こんにちは。遅くなってすみません。

ようやくMothership Psychosisのニューアルバムについてのインタビューご紹介いたします。
彼らのアルバムは、2010s中盤のガレージロックブームの先を行っています。
1960-70年代のサイキミュージックやジャズの影響もあり、1曲1曲の質が高いのが特長です。
質の高さの要因は、インプロビゼーション重視の作曲と丁寧な音作りにあると思えます。
The Dead BeatのBrandonも加わり、新たにアルバムも制作するとのこと。
今後も楽しみですね。

SEI

 

♪Music♪

Mourning to Afternoon(LP)
https://mothershippsychosis.bandcamp.com/

 

 

♪Profile♪

Randall Ferguson - Guitars, Bass, Drums, Keys, Ukulele, Banjo, Vocals
 (everywhere except where mentioned otherwise)
Brandon Browning(from The Dead Beat)-Drums(Live performance)
Jacob Jameson-Drums (Turquoise, Re//drum, Clumsy in Pink)
Lucas Lopez-Backup Vocals (idfkanymore)
Ségolène Pihut-Album Artwork

Temecula, CA

f:id:seiichiroslibrary:20170604005459j:plain

♪Past Articles♪

About Hedi Slimane
http://seilibrary.hatenablog.com/entry/2016/04/10/131216

About Whyte
http://seilibrary.hatenablog.com/entry/2016/02/20/123138

About David Bowie
http://seilibrary.hatenablog.com/entry/2016/01/17/111313

 

 ♪Interview with Randal Ferguson about Mourning to Afternoon♪

Q
What is the most important thing that you want to communicate to listeners through this?
A
The album is about a lot of things, so to be general I'd like to encourage listeners to keep an open mind about music that isn't quite danceable or of a common song structure.

Q
For that , how did you try to make these songs?
Please teach me from the perspective of music , lyrics and artwork.
A
In that light, this album has a few songs with not so common time signatures and the way I write lyrics has always been somewhat separated from the songwriting process, so a lot of the time, the prose isn't as simple as line after line. The artwork was actually done by a good friend of mine, Ségolène Pihut who is an incredible artist all across the board.
Note:You can read his lyrics on bandcamp.

Q
Please let me know band member and their part.
A
Brandon Browning has been playing live drums for some time with us now, and I play guitar but there was a completely different set of people involved on the album. In fact, the album's drum parts were fully recorded already when Brandon came into the picture. I was the only one who worked on some of the songs and Jacob Jameson wrote and played the recorded parts for ‘Turqouise’ and ‘Re_drum’. ‘Idfkanymore’ also has guest vocalist Lucas Lopez singing the harmony part. He was a big part of the writing process for me and actually wrote the piano part in the verses of ‘Periwinkle Dreams’.

Q
Who inspire you in these days?
A
Lately I have been listening to the Thundercat new album as well as Soft Hair and that has me also revisiting the Connan Mockasin albums. Kendrick Lamar's ‘To Pimp a Butterfly’ is always gonna make it's way into a listening session with me most days. And actually if you ask Brandon, he might tell you the story of him having some driving trouble listening to the new Kendrick single. I can't speak for him though.

 

♪Mini Interview with Brandon Browning♪ 

Q
Who inspire you in these days and what does it mean that Randal mentioned ?
A
Okay, so the people who inspire me greatly right now are a lot of the great jazz/big band drummers from back in the 1930's/40's and so on; Buddy Rich of course is a big one, Jo Jones, Art Blakey, et al. Also, Randall and I have been inspired a lot by a modern jazz group called The Bad Plus; an inspiration you'll notice largely in our next album.
We've also been really into the super creative lyricism of some of the really great rappers of today. Randall and I were actually in a drive-thru the other day whilst listening to Kendrick Lamar's new album, and we got so into the song that neither of us noticed my car moving forward and we ended up running into the car in front of us. So yeah... no more Kendrick in the Taco Bell drive thru.

 

♪ Randal Fergusonへのインタビュー♪

Q
この作品で一番伝えたいことはどんなことですか?
A
アルバムでは、多くの物事について伝えたいことがあるんだけど。全体を通して言うと、ダンサブルでなかったり、一般的な曲の構造でない音楽について、みんなにオープンなマインドでいてもらいたいと思ったんだ。

Q
どんなところにこだわって作りましたか?
A
その観点から言うと、このアルバムではいくつかの曲が普通の拍子ではないものがあることかな。それと、歌詞を書くのはいつも作曲のプロセスとは別にしていた。だから多くの場合、歌詞は散文で、(1行ごとに)詩が続いているようなシンプルなものではないんだ。アートワークは、仲の良い友達でもある、素晴らしいアーティストSégolène Pihutが描いてくれた。
 Note:歌詞はbandcampでチェックできる。

Q
バンドメンバーとパートについて教えていただけますか?
 Note:バンドはRandal主導のプロジェクト。
A
Brandon Browningは今、ライブのドラムで演奏してくれている。で、僕はギターをライブで演奏している。だけど、アルバムにおいては、全く異なる人々を巻き込んだ組み合わせでレコーディングしたんだ。実際、ドラムのパートはBrandonが参加してくれる前には、ほとんど完成していて。いくつかの曲に取り組んでいた時は、僕はたった一人だったくらいで。Jacob Jamesonは、’Turqouise’と’Re_drum’のために、作曲とレコーディングに参加してくれた。’Idfkanymore’では、Lucas Lopezに、ハーモニーのパートでゲストボーカリストとして参加してもらった。彼は僕にとって作曲のプロセスの重要なパートでもあった。’Periwinkle Dreams’のヴァースにおいてピアノのパートを作ってくれたんだ。

Q
最近では、誰にインスパイアされていますか?
A
Thundercatの新しいアルバムを Soft Hairと同じくらいよく聴いているよ。それと、Connan Mockasinのアルバムもまた聴き直している。 Kendrick Lamarの’To Pimp a Butterfly’は毎日セッションに行くとき車の中でよく聴いてる。実際、Brandonに君が尋ねたら、Kendrickの新曲を聴いていた時に起こった運転のトラブルを話してくれると思うけど、、彼のために僕からは言えないな。

 

♪Brandon Browningへのミニインタビュー♪

Q
最近では、誰にインスパイアされていますか?
またRandalが言及していることは何ですか?
A
今もっともインスパイアされるのは、1930年代や1940年代まで遡る、たくさんのすばらしいJazzのビックバンドのドラマー達だ。もちろんBuddy Richは大きな一人だし、Jo Jonesや Art Blakeyらも。そしてRandalと僕は多くのThe Bad Plusと呼ばれるモダンジャズグループにも刺激を受けている。それらのインスピレーションについては、僕らの次のアルバムにおいて、その大きさに気づくはずだよ。
僕らはまた今日の本当にすばらしいラッパーのいくつかの非常にクリエイティブな歌詞にも影響を受けている。Randalと僕はある日ドライブスルーでKendrick Lamarの新しいアルバムを聴いていて、あまりに曲に夢中になっていたから、二人とも僕らの車が前に進んでいることに気がつかなかったんだよね。それで結局、前にいた車に突っ込んでしまったんだ、、。だからさ、タコベルのドライブスルーではノーモアKendrickだよ。

 


Thank you for reading.If you like , please share.
Please follow SEI LIBRARY on Instagram/Twitter that inform posting new article to you.

読んでいただきありがとうございます。
気に入られましたら、ぜひシェアお願いします。ツイッターとインスタグラムで、SEI LIBRARYのフォローをお願いします。ブログの更新をお伝えしております。

 

SEI LIBRARY INSTAGRAM
https://www.instagram.com/seilibrary/

All rights reserved.
転載不可