KEDR LIVANSKY

f:id:seiichiroslibrary:20170211014051p:plain

 

January Sun EP - Kedr Livansky

Hi,
Long time no see.

Represented by Buttechno who make Gosha Rubchinskiy’s show music,
Russian young generation music scene is very interesting.

This time, I introduce female artist Kedr Livansky from Moscow.
Not only music but also music video is cool.
And also her thinking about 'moment' is very interesting.
Please enjoy her special interview .

Regards,
SEI


こんにちは。お久しぶりです。

Gosha Rubchinskiyのショーミュージックを手がけるButtecnoに代表されるように
若い世代のロシアの音楽シーンは非常に興味深いものがあります。

今回はモスクワ出身の女性アーティスト、Kedr Livanskyを紹介いたします。
音楽だけでなくミュージックビデオもとても格好よいです。
そしてまた彼女の'瞬間'についての考え方はとても興味深いものがあります。
ぜひ彼女のスペシャルインタビューを楽しんでください。

SEI


♪MUSIC♪

January Sun EP
https://soundcloud.com/2mrecords/sets/kedr-livanksiy-january-sun-ep

Otvechai Za Slova (Keep Your Word)
https://www.youtube.com/watch?v=fsdkzgoLoGo


♪PROFILE♪

Moscow,Russia
Born in 1990

f:id:seiichiroslibrary:20170211013955j:plain

taken by Kojiro Mori
@jiromorri on Instagram

 

♪SPECIAL INTERVIEW with Kedr Livansky♪

Q
What is the most important thing that you want to communicate to listeners through this?
A
In truth,there is nothing to tell and explain to the people.Two main things.First-you save yourself through the things which you do,creating another field. 
Second is the need to share it with the world.
It’s cool that there is nothing to explain to the people about the songs.They feel and understand everything even those who don’t know Russian.
And also it’s cool when the universe which you’ve created is pouring to the universe of the listener. Then the third universe borns, a special universe of relationships between your music and life of that human. A kind of a qualitative transformation. It means that song begins to be a part of his memories, bound in some moments which are lived by him. Breeds new images.It’s the most nice thing that music can do with another person. The same as the music of other musicians does with me.

Q                                                          
For that , how did you try to make this?
A
I’ll say again :).What I do is not the massage to the people of something certain. I capture the moment of my inner world and lived moments inside. I do believe that in real it all comes from the ego. Creation is not a missionism. It’s a salvation of yourself firstly. 
Of course there is an ideological art. But in general art is the study of the internal and external world and your instrument and how it is going through each other. Especially music. Usually it’s a sphere of unconscious like a poetry. Not like a story with specific thoughts about the world. 
Music is a song about the sea. What is the idea of it? Only beauty and attitude.
I’m telling only about my own approach. not for all music. Maybe one day my approach will change.
There are structuralists, formalists and many others I love and respect all of them. But I’m still stuck on a sphere of supersensitive perception. It’s like romanticism in painting or poetry or even like in mannerism.  
Perhaps these motifs are present in the lyrics: the lyric hero in the centre, alone in the world, burning, confused, looking to see some another reality in the reality in which he is forced to live.
This feeling of abandonment is more expressed in the album cover’s work. Desolate industrial areas. We don’t see the hero’s face. The hero is hidden. This is important. The moment of secret and something that is hidden.  That you need to go where it’s hidden.
Music is developing very intuitive. The main in the moment of writing for myself is to reach the condition where I’m free from the thoughts. Where I don’t think about criteria result, output. Where I’m more in the moment. It’s very important to archive such conditions in the work that it doesn’t become precise trade where you know what beat will kick everybody and others. 
Recently I understand more and more how it important to concentrate exactly in the moment. Magic should be. Everything out of magic goes to trash bin because it’s dead.

Q
What is the theme you are looking for through making music?
A
I want to gradually move away from melody as from formative composition. It’s like I want to stop hiding behind structures of the lyrics and forms.
More focus on the sound and how it changes. Through these things you also can tell stories. 
Actually I would like to dive into the music as deeply as possible, to learn, to do, to study, to find new music, to understand music which I don’t understand, to explore sound physically. In general.

Q
Please recommend Russian contemporary musicians.
A
DJ KASSIR 
BUTTECHNO
PIPER SPRAY
FLATY
Jeff Boomhauer ( Missisippi Landscapes, Foggy Music ) - one guy.
KP Transmission
Dmytrij Wulffius - (from Ukraine)

Q
How was your first visit of Japan IN 2016?
A
Breathtakingly. You have a completely different sky, then in our regions.
Low and Huge.
I’m very interested in traditional culture. I’d like to travel more in Japan. And nature! 
All days felt like some movie. Thanks to all from Big Love’s crew.
It was an incredible trip! And I had temperature about 38, so all time I was like in condition of altered consciousness. It was adding more contrast in my feelings. 
Most of all I was impressed when we rode into town from the airport and all building were white, the sky was white and ocean was blue. It’s like only white and blue - the colors of some purity.
In Tokyo it’s cool to do some things with music, to go to concerts, to share information with people. 
And in Kyoto it’s just super nice and beauty.
I would like to come again!

 

♪ Kedr Livanskyへのスペシャルインタビュー♪

Q
この作品で一番伝えたいことはどんなことですか?
A
実をいうと、みんなに伝えたいことや説明したいことなんて何もないの。
(ただし)主に2つあるのは。まず、自分がなすこと、他の領域を作り出すことによって自分自身を救えるってこと。もうひとつは、世界にそれを共有する必要があるってことね。
曲について人々に説明することが何もないというのはクールだと思うわ。リスナーは全てを感じ、理解するのよ。彼らがロシア人のことを何も知らなかったとしても。
そしてまたクールなのは、作り出した宇宙がリスナーの宇宙に流れていった時。それから音楽とリスナーの人生の関係性という特別な三つ目の宇宙が生まれること。そのことは、楽曲が聴く人達の記憶、リスナーのおかげで存在する結びつけられた瞬間となり始めるということでもあるのよ。
新しいイメージが生まれる。それは、音楽が他の人々にできることで最も素敵なことだと思う。他のミュージシャンの音楽も、同じように私にしてくれるわ。

Q
どんなところにこだわって作りましたか?
A
繰り返して言うわ:)。私がすることは特定の何かの人々へのメッセージではないの。私の内側にある世界の瞬間を捉えて、そしてその内側の瞬間の集まりに生きている。現実はすべてがエゴからやってくるのだと信じているわ。創作は使命主義ではないのよ。まず第一にそれは自分自身の救済なのよ。もちろんたしかにイデオロギー的なアートもある。けれど一般にアートは、内側と外側の世界、あなたの手段、お互いを通じ合うものはどういうものなのかを探求すること。特に音楽は。たいていそれは詩のような無意識の球面でもある。世界についての明確な思想を伴ったストーリーではない。
音楽は海についての歌。それのアイディアは何か? 美しさとアティチュードだけ。私独自のアプローチを話しているだけなんだけど。音楽だけに限らず。おそらく私のアプローチもいつか変わるのでしょう。
構造主義者、形式主義者、私の愛する多くの他の人達がいる。それらすべてをリスペクトしている。けれど私はまだ非常に繊細な球面にとどまっている。それはちょうど絵画や詩のロマン主義、もしくはマニエリスムでさえある。
おそらくこれらのモチーフが歌詞の現状でもある。中心にあるリリックヒーローは、世界でたった一人、燃えていて、混乱していて、生きることを強いられている現実の中のいくつかの他の現実を見ている。
この気ままな感情はアルバムのカバーワークにより表現されていて。荒れ果てた工業地帯。ヒーローの顔は見えない。ヒーローは隠れている。これが重要なの。秘密の瞬間、何かが隠されている。あなたは隠されている場所に行かなくてはいけない。音楽はとても直観的に発達していく。私にとって作曲のときはほとんど、思考から解き放たれている状況にある。標準の結果、アウトプットについて考えていない場所。瞬間にもっと私はいる。そのような瞬間を記録することは作曲においてとても重要。そうすることで規則どおり方法にならずに済む、人々に響くことのないビートを作らずに済むのよ。
最近、より瞬間に正しく集中することがどんなに重要かわかってきたの。魔法はあるべき。魔法から出てくるものは何であれゴミ箱ゆき、なぜならそれらは死んでいるから。

Q
音楽を通して何を探求されていますか?
A
形式的な構成より、次第にメロディーから離れていって欲しい。歌詞と形式の構成の背後に隠れているものを止めたいかのように。サウンドとそれをどのように変えるかに集中している。これらの物事を通してストーリーも語れるようになる。
実際、できるかぎり深く音楽の中に深く潜り込みたいと思っている。新しい音楽を学ぶために、実践するために、研究するために、見つけ出すために。私が理解きない音楽を理解するために、肉体的にサウンドを押し広めるために。だいたいにおいて。

Q
ロシアの同世代のミュージシャンをレコメンドしてください。
A
DJ KASSIR 
BUTTECHNO
PIPER SPRAY
FLATY
Jeff Boomhauer ( Missisippi Landscapes, Foggy Music ) - one guy.
KP Transmission
Dmytrij Wulffius - (from Ukraine)

Q
2016年初の日本の訪問はいかがでしたか?
A
息を飲むほどに、私たちの地域とは全く違う空。低くて巨大。
伝統的な文化にとても興味がある。もっと日本を旅したいと思っている。それから自然も!
すべての日が映画のようだった。BigLoveのクルーありがとう。
素晴らしい旅だったわ。それに体温が38度ぐらいあって、まるでずっと改変された意識って状態だった。そのことが私の感情にさらなるコントラストを与えていたんだと思うわ。とくに印象に残っているのが、空港から街へ向かっている時、すべてのビルが白く、空が白く、海が青だったこと。白と青だけだったのよ。純粋な色。
東京では音楽でいくつかクールなことをしたわ、コンサートに行って、人々と情報をシェアしたの。
京都はすばらしく素敵で美しかった。
また訪れたいわ!


♪SPECIAL THANKS♪

BUTTECHNO
He introduced her to me!!
His article is here.
http://seilibrary.hatenablog.com/entry/2016/09/03/135151
http://seilibrary.hatenablog.com/entry/2016/07/03/162924

 

Thank you for reading.If you like , please share.
Please follow SEI LIBRARY on Instagram/Twitter that inform posting new article to you.

読んでいただきありがとうございます。
気に入られましたら、ぜひシェアお願いします。ツイッターとインスタグラムで、SEI LIBRARYのフォローをお願いします。ブログの更新をお伝えしております。


All rights reserved.
転載不可