Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

I.D.O.L MUSIC

f:id:seiichiroslibrary:20160108204600j:plain


I.D.O.L Music // Howling Moon EP
Released January,2015

♪MUSIC♪
Howling Moon EP
https://soundcloud.com/i-d-o-l-music
Drop Me Down (Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=HFn8Wc1Y-UI

♪Profile♪
Member:
Declan Cullen // vocal
From:High Wycombe, UK
Start:2015
HP:http://www.idolmusic.co.uk

f:id:seiichiroslibrary:20160108205122j:plain

♪Review♪
After the break up of Coastal Cities vocalist Declan Cullen started a solo project.
Declan is a control freak. Whether it’s the music, the visuals, or the artwork, there is no compromise. This thoroughness bears a close resemblance to that of his countrymen Alex Turner and Jack Barnet.
His aim is to make pop music that presents like American black and white film visuals. His point of innovation is the mixing of these two elements. Pop music and American film have both had a major influence on rock. You could say that his brand of blues is pieced together from two separate origins.
That said, what’s great about him isn’t just the result of all this, it’s his attitude. And that attitude seems to include going straight from the finish of one band and on to a new project. It feels like constructive introspection has led to this new project being created from scratch. And it has actually moved from idea to action. The result is magnificent. Just as the previous band was great, the new one is wonderful. A completely new world has been born.
For a musician, experiences such as the dissolution of a band or the formation of a solo project can actually be a great opportunity. Because with the separation from the band he can play music unlike any he played before. Really, if a band carries on in the absence of innovation nothing good can come of it. Even if further success can temporarily be achieved, ultimately there is no growth without innovation. Arctic Monkeys and These New Puritans are bands that have put this into practice. Declan ended one band’s activity, but began a new project.
Our fascination in him isn’t only due to the great sounds and cool visuals. It’s also how he holds on so tightly to the music and with such a sincere attitude.


SEI

Translated by Alex Herdman

 

♪Special Interview with Declan ♪
Q
What is the most important thing that you want to communicate to listeners through first solo EP?
A
There is no real agenda being pushed through my music. I guess that some bands try to study a social or political climate, at least in some way,
to enlighten their audience to ideas that are close to their hearts.The biggest intention for me, when starting, was to have something simple and melodic, the subject matters of the lyrics are all quite personal, or about daily situations in human relationships. I wanted it to try and make things instantly relatable. 

Q
For that , how did you try to make these songs?
Please teach me from the perspective of music , lyrics and artwork.
A
Well, the debut EP was written and recorded at home. I started to try and teach myself how to record music. That was a big challenge, but I feel that I have improved a lot since. I wanted the songs to be just quite poppy, although, in a rock and roll style and for the photos and artwork to be quite pop orientated too.
I have always been drawn to bands or artists that have a deep interest in every detail of their band; by working intensely on your image, sound and videos,I feel that it's very important to offer an aesthetic to your audience, so this was a big objective when starting the band.
The songs came naturally to me through my own writing style, and the lyrics too. I dismissed any current influences and focused on what i wanted to make.

Q
Why did you start your solo project?
A
I was previously in a band called "Coastal Cities", and after we split up, I still felt that I had more music to make. I'm also a little wiser now as to what I want to put out to people, so I thought I could do a better a job and make something really awesome. I have a band now, and we're working together on some new songs, it feels great to be part of a team again and I am really excited to see what might happen.

Q
Why did you choose  I.D.O.L MUSIC as the name of solo project?
A
Well, the band is called "I.D.O.L", but that's a bit harder to remember so on the internet we just call ourselves "IDOL MUSIC"... The name came from studying the origins of popular music in the 1950's and 60's. I was really mesmerised by pop idols of that time. I really liked how they were revered, and I found the level of detail in to keeping their personas intact quite interesting, I wasn't alive at the time, but it seems in hindsight to have a classiness to it that rarely exists now. I also like Film Noir and have a huge collection at home. I guess that old Americana really played a part in the visual aspect of the band and I wanted the name to reflect that.

Q
What American monochrome movie and actor do you like?
A
Some notable examples would be

Ann Savage (Detour, 1945)
Burt Lancaster (Brute Force, 1947 / The Killers, 1946)
Lizabeth Scott, (Too Late for Tears, 1949)
James Dean (Rebel Without a Cause, 1955)
Michael Caine (The Ipcress File, 1965)

Q
What is the theme you are looking for through making music?
A
Musically, the themes are all quite obvious. I like pop songwriting and I like guitars, I also like adding other things too that make it unique such as the drum samples we have from the 1980's. It was just whatever felt natural really, something that came across as anthemic and nostalgic but with good songwriting at the heart.

Q
What is the good point of you?
A
I guess my biggest strength would be coming up with new ideas for song rhythms or melodies. My biggest weakness is trying to stick to a vocal melody that i like. I'm very flippant and a creative control freak.

Q
Who inspire you?
A
I like a lot of music (as i'm sure everybody does). Lately, I have been listening to a bit of pop punk, and a bit of rap too.But I have also recently gone through a country and western phase. I think that it's really clever how much of a story you can tell in a 2 and a half minute song, with so much heart and soul in it. If anyone's interested, I recommend "It's nothing to me" by Buddy Long featuring the one and only Duane Eddy.

Note by Sei: you can listen here.It is good song!!
https://www.youtube.com/watch?v=yVcdpY4sSVU

In terms of inspiration, it comes in many forms, sometimes I will really enjoy a guitar sound in a song by someone I have never heard of and I’ll try and recreate that with my own music, or perhaps, I’ll really like someones boots in a music video and I think "yeah I want to get some of those". In general, I feel like a big sponge, and the challenge comes from piecing all of these things together into something that makes sense and from the heart.

Q
What is the news from you to the viewers?
A
I have got some members for a band and we're writing a new EP called "First Act". It's more professional than before, but still a very natural and fun thing to be doing. Hopefully we will start playing live in 2016.

Q
What is the theme of your fashion style?
For that, how did you form your style ?
A
Well, I have never obsessed over it, but I do think about it consciously. Tribalism in fashion has sort of declined over the past 20 years, mainly due to accessibility and the desire to conform. There are some great things out there, but you get a lot of stores now that just dilute high fashion and pump out the same stuff year after year to reach sales targets. It's a bit lame, so the objective for me is to put trust in unique items, from vintage stores or other places and wear stuff i really like.
Also, having been a model, I have a few special items that I have collected over the years that I see as important to me as they are almost feel customised to me from part of a collection. I really like that.
In terms of style, I usually wear dark or plain colours, as if it's autumn all year round. One thing I will never part from are plain white t-shirts, or plain white socks. They're like the undercoat for everything else.

Q
How did you feel on Hedi’s show as a model?
A
Terrifying! It was my first runway show. You get so convinced that you are going to fall over, that you forget how to walk, but it was fine in the end. I really have a lot to thank those experiences for, as they were my first in modelling and it was such an exciting and naive time. I really like a lot of the collections from Saint Laurent and I personally found Hedi Slimane to be very pleasant.

 

f:id:seiichiroslibrary:20160108204643j:plain

Saint Laurent Paris Men's Fall Winter 2013-14

Source: http://www.vogue.co.uk


♪レヴュー ♪
Coastal Citiesを解散後、ボーカルのDeclan Cullenが立ち上げたソロプロジェクトを紹介する。
Declanはコントロールフリークである。音楽からビジュアル、アートワークまでビジョンがあり、妥協しない。その徹底ぶりは、同じくイギリス出身のAlex TurnerやJack Barnetを彷彿とさせる。
彼が志向しているのは、ポップミュージック。ただし、アメリカのモノクロ映画のビジュアルで表現する。この2つをミックスしたことが、彼のイノベーティブな点である。ポップミュージックとアメリカ映画は、ロックに大きな影響を与えたものでもある。つまり彼は、ブルースとは異なる2つの原点をつなぎ合わせたのだ。
ただし、彼のすばらしいところは成果だけでなく、姿勢である。ひとつのバンドを終えて、新しいプロジェクトをやろうという姿勢。自分を見つめ直し、一から自分のプロジェクトを立ち上げようとする気持ち。そして、それを実際に行動に移したこと。結果は素晴らしい。前身のバンドもよかったが、ソロも素晴らしい。全く違う世界が生まれた。
一人のミュージシャンにとって、バンドの解散やソロプロジェクトの始動といった体験は機会なのかもしれない。なぜなら、バンドを離れることで、今までと違った自分の音楽を奏でることができるからだ。もし、バンドを続けていても、革新がなければうまくいかなくなってしまう。一時的にうまくいっても、革新がなくては成長はない。Arctic Monkeys やThese New Puritansはバンドとして、それを実践している。Declanはバンドの活動を終わらせて、新しいプロジェクトを始めた。
彼が僕らを惹きつけるのは、耳あたりのよい音、クールなビジュアルだけではない。音楽に必死にしがみつこうとする真摯な姿勢である。
SEI

♪Declanへの特別インタビュー♪
Q 
初めてのソロのEPで一番伝えたいことはどんなことですか?
A
僕の音楽を用いて押し通されるようなアジェンダはありはしない。いくつかのバンドは社会的、政治的な情勢を勉強してるよね。オーディエンスを、バンドの心に近づけるよ考え方を啓発するために。少なくともある種の方法としてね。
(このプロジェクトが)始まった時の僕にとってのもっとも大きな意図とは、シンプルでメロディアスであること、歌詞の主題はすべて非常に個人的なものにする、もしくは人間関係の日々の状況にしようと。つまり僕は、瞬間的に関係が持てるようなものを作ろうとしてるんだよ。
Q
それを実践するためにどんなことにこだわりましたか?
A
デビューEPは家で書いてレコーディングした。音楽をどうやってレコーディングするかに挑戦し始めたんだよ。それは本当に大きい挑戦だった。でもそれ以来、進歩し続けてきたように思えるよ。僕は楽曲には非常にポップになって欲しかった。けれども、写真やアートワークはあくまでロックンロールのスタイルでポップに方向づけたんだ。すべてのディテールにまで深くこだわっているバンドやアーティストに、僕はいつだって引き寄せられてきた。イメージ、音、そしてビデオで強烈に働くようなディテール。それらは美学をオーディエンスに提供するために非常に大事だと感じている。だからそのことは、バンドを始めたときの大きな目標だったね。
Q
なぜソロプロジェクトを始めようと思ったんですか?
A
前にいた”Coastal Cities”というバンドが解散した後、もっと音楽を作りたかったんだって感じたんだよ。人々に差し出したいと思えることについて、僕も前よりは少しばかり賢くなってさ。それで、よりよい仕事ができるだろうと、本当にすばらしいものができるだろうと思ったわけ。僕は今ではバンドを持っていて、みんなでいくつかの曲を一緒に作っているよ。またチームの一員になれたっていうのは素敵なことだと感じたよ。これから起こることに、僕自身が楽しみなんだ。
Q
なぜソロプロジェクトにI.D.O.L MUSICという名前をつけようと思ったんですか?
A
うーん。バンドは”I.D.O.L”って呼ばれている。けれどその名前だと、インターネット上で覚えてもらうにはちょっと厳しいんじゃないかと思って。ちょうど僕ら自身も、”IDOL MUSIC”って呼び始めた頃だったから。
名前は1950-60年代のポピュラーミュージックの起源についての研究から由来している。僕は本当にその当時のアイドルに、ぐいぐい引き寄せられてしまったね。どんなに彼らが崇拝されていたか、そういうのが大好きなんだよ。それから彼らのペルソナを完璧なままに、興味を惹かれる状態に保ち続けるための細部の水準(の高さ)を発見してさ、僕は当時生きてはいなかったけれど、でもあとから考えると、そういったクラシックなものを身につけるのは今では難しいと思うだんよね。あと白黒の映画が好きで、膨大なコレクションが家にあるんだ。古いアメリカの人達はバンドのビジュアルの側面を表現しているように思う。それで僕はそれを名前に反映しようとおもったのさ。
Q
好きなアメリカ映画の俳優と映画を教えてください。
A
有名どころをあげると、
アン・ サヴェージ (恐怖のまわり道, 1945)
バート・ランカスター  (真昼の暴動, 1947 / 殺人者, 1946)
リザベス・スコット, (涙は手遅れ, 1949)
ジェームズ・ディーン  (理由なき反抗, 1955)
マイケル・ケイン(国際諜報局, 1965)
Q
探求している音楽のテーマは何ですか?
A
音楽的には、テーマは非常に明確だ。僕はポップソングが好きだし、ギターも好きだ。それに他のものを足していくのも好きだ。音楽をユニークにするような、1980年代のドラムのサンプルとかさ。アンセミックとノスタルジックなものが交差したりと、自然に感じられるものは本当に何でもありだね。でも、よい作曲の肝は心にあるよ。
Q
あなたの強みを教えてください。
A
曲のリズムやメロディーといった新しいアイディアが出てくることが一番の強みだね。弱みは、好きなボーカルのメロディのラインを押し通そうとすること。僕はとても軽薄で、クリエイティブのコントロールフリークなのさ。
Q
影響を与えているアーティストは誰ですか?
A
たくさんの音楽が好きだよ。みんなもそうだって確信してるけど。最近では、ポップパンクとラップを聴いてるね。ただそれだけでなく、最近ではカントリーやウェスタン(ミュージック) のフェーズまで行ってる。その2つのジャンルは、たった2分30秒の間に、こんなにも心と魂を込めてたくさんの話をすることができるのか!って、本当にすごいと思う。興味を持たれた方には、Buddy Longが唯一無二の存在、Duane Eddyをフィーチャーした "It's nothing to me"すすめる。
訳者註 ここで聴けます。いい曲ですね〜。
https://www.youtube.com/watch?v=yVcdpY4sSVU
インスピレーションの観点からいうと、いろんな形態から影響を受けるんだよね。あるときは、僕が聴いたこともなかった誰かが弾いている、ある曲のギターの音にはまっちゃって、自分でも僕の音楽の中で挑戦したり、再構築してみようとしたりする。ミュージックビデオに出てくる人がはいているブーツが好き、「うおー、これは欲しいなっ!」って感じでさ。僕はおっきなスポンジみたいなもんだよ。そういったいくつもの断片が一緒になって意味をなすことから、そして心から、チャレンジが湧き出てくるんだ。
Q
このブログの読者へのニュースを教えてください。
A
何人かバンドのメンバーが増えて、新しいEP "First Act"を作っている。前よりもっとプロフェッショナルだよ。でも、とても自然体で楽しくやれてるよ。願わくば2016年からライブをやりたいね。
Q
ファッションのテーマを教えてください。
A
うーん、ファッションにのめり込んだってことってないんだよね。でも意識してはいる。ファッションにおけるトライバリズム(種族の特徴)は過去20年以上、減少している。それは主に、(自らの種族以外の)影響を受けやすくなったこと、(みんなが)欲求に従うことなったことによるものだ。それで、すごいことが起こったとも思う。しかし今や、年一年と、セールスのターゲットに届くようにと、ハイファッションを薄めて、同じような物を出し続けているたくさんのショップがあなたのまわりにある。これはちょっと不便なんじゃいかと思う。だから、僕にとってのファッションの目的は信頼を、僕が好きな古着屋もしくは、他の場所や服からのユニークなアイテムに、置いておこうってことなんだ。
そしてまた、モデルであるということから、僕はいくつかの素晴らしいアイテムを持っている。それらは僕が数年に渡ってコレクションしてきたものだ。僕にとって大事であるのと同時に、それらのアイテムもまた、(ファッションの)コレクションから僕のためにカスタマイズドされているように思える。僕はそれがたまらなく好きなんだ。
スタイルのタームにおいては、だいたいダークかプレーンな色を着ている、まるでいつでも秋でもあるかのようにね。ただし、ひとつだけ離れられないのが、プレーンな白のTシャツと白い靴下。その2つは、着るものすべての下に着る、アンダーコートといったものだね。
Q
エディのショーにモデルとして出演してどのように感じましたか?
A
恐かったよ! それは僕にとって初めてのショーだった。転げ落ちるんじゃないかって確信してたくらいでさ。歩き方も忘れちゃうぐらいで。でも、結局はうまくいった。初めてのモデルの経験とそのような興奮とナイーブな経験ができて、本当に感謝している。サンローランのコレクションは大好き。個人的にはHedi Slimaneはとても感じのよい方だと思ったよ。

 

♪PS♪
If you like his music, I recommend his previous band. Unfortunately this band had split. But music don’t die.You can be fun through their music.
彼の曲が気に入ったら、ぜひ前のバンドの曲も聴いてもらえるといい。残念ながらバンドは解散してしまった。でも、音楽は死なない。ぜひ楽しんでほしい。
Coastal Cities
HP:http://wearecoastalcities.bandcamp.com

 

Follow SEI LIBRARY on instagram.


All Rights Reserved.
転載は禁じられております。