Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

THE CREASES

f:id:seiichiroslibrary:20150920191953j:plain

The Creases:POINT

 

 

♪MUSIC♪

Point

https://www.youtube.com/watch?v=Hq6YsdVoi0w&index=3&list=PLsALbq6UN5MMkEpHXic0l9Y2QHSJXhXTL

 

 

♪PROFILE♪

Member:Joe, Jarrod, Aimon & Gabe

From:Brisbane, Australia

HP:http://thecreases.com

 

 

♪REVIEW♪

In rock music we find such tracks as Hard To Explain by The Strokes, or Don’t Look Back Into The Sun by The Libertines. Even taken out of the context of their albums, these songs have an overwhelming force of their own and are able to really capture people’s hearts. Such songs are generally accomplishments from the early days of a band. You tend to find yourself wanting to listen to such music again, even if the music they make later ends up being a disappointment. For many bands, along with greater maturity come greater songs. But the fruit of youthful impulse ceases to be along with it.

 

Just because a band’s subsequent work doesn’t meet your expectations, however, doesn’t mean it’s the band’s fault. It is the music they listened to as teenagers that led to their new sense of what was innovative and from which the aforementioned fruit was born. In maturing, these bands in fact exceed their own original intentions. That younger generations will always provide rock with renewal and change is actually fundamental to innovation in rock. It is for this reason that rock does not fade away. While it may be true that bands like Radiohead are all too rare, there’s certainly no reason to be pessimistic about the future of rock.

 

A band of Australians around the age of 20, The Creases’ song Point is surely the latest worthy of being called a masterpiece. 60s and 80s British rock, along with the rock’n’roll revival of the early 2000s appear to have been strong influences. This will be why they sound rather more like a British band than an Australian one. The same can be said of their music videos. However, bands with this kind of sound can’t be found in the UK now. That said, even though there is a resemblance, they do differ from the British rock of the past. This is no superficial imitation, it’s a demonstration that they’ve inherited the essence of rock. It also pays the highest of respects to their rock predecessors.

 

SEI

Translated by Alex Herdman

 

 

PS

Hi Viewers

Unfortunately I can’ t introduce their interview.

But this band’s members like this Library.

So I am glad to introduce them.

Thanks to Joe, Jarrod, Aimon & Gabe

 

Please follow sei library on instagram.

https://instagram.com/seilibrary/

Regards,

SEI

 

ALL RIGHTS RESERVED

 

 

♪レビュー♪

ロックにはThe StrokesのHard To Explainのように、あるいはThe LibertinesDon’t Look Back Into The Sunのような名曲が存在する。アルバムの文脈とは別に、一曲として圧倒的な力を持ち、人々の心をつかんで離さない曲がある。それらの曲は、大抵バンドの初期に達成される。そのような音楽を再度聴きたいと思って、彼らの次作以降を待ってみても期待外れに終わる。バンドの成熟に伴う、素晴らしい曲は存在する。けれど、若い衝動が作り上げた結晶は存在しない。

 

セカンドカミングが期待にこたえるものではないからといって、バンドを責めることはできない。それらは、彼らがティーンネイジャーの頃に聴いていた音楽を、新しい感性によって更新することで生まれた結晶である。つまり、彼らの意思さえ超えているのだ。若い世代がロックを更新していくこと、これこそロックのイノベーションの根幹である。だからこそロックは衰えない。Radioheadのようなバンドがあまりに少ないからといって、ロックの未来に悲観的になる必要はない。

 

オーストラリア出身のまだ20歳前後メンバーからなる、The CreasesのPointはまさに最新の名曲と呼ぶにふさわしい。60年代と80年代のブリティッシュロック、00年代前半のロックンロールリヴァイヴァルの影響を強く受けているようだ。だからオーストラリアというよりは、イギリスのバンドの音に聞こえる。ミュージックビデオも同様である。けれど今、この音を鳴らせるバンドはイギリスにはいない。さらに言うならば、似てはいても、過去のブリティッシュロックとも違う。このことは小手先の模倣ではなく、ロックの本質を継承していることを示している。それはまたロックの先人への最上級の敬意でもある。

 

SEI

 

 

追記

今回は残念ながら、諸々の事情によりインタビューの掲載をできませんでした。

しかし、彼らはこのブログをとても気に入ってくれて、

レビューの掲載を随分待っていてくれたという経緯がありました。

だから今回みなさんに紹介することができてとても嬉しく思っています。

 

インスタグラムで記事の更新をお伝えしているので

よかったらフォローしてみてください。

https://instagram.com/seilibrary/

SEI

 

 

転載不可

 

https://instagram.com/p/74b6ZoKTsC/

The creases have just introduced my library. Thanks to my friends!!!