Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Mitchell Adam Johnson

f:id:seiichiroslibrary:20150607113002j:plain

The EP, "Half Moon Lane" includes 4 songs. Here is the first track: 

♪SONG♪

The Cosing Door

https://soundcloud.com/burgerrecords/mitchell-adam-johnson-the-closing-door

Half Moon Lane(EP):

https://mitchelladamjohnson.bandcamp.com/releases

 

♪LYRIC♪

The Closing Door

 

Just let it go, there's nothing to believe in

And no place to go, there's nothing that's worth seeing

You're going to come around tonight

Falling through the choices we make

And though it might be rather late,

Is there nothing in your mind that's worth saying to me?

 

Good to be here, I thought I'd never find you

Cos it's been years since I've been beside you

And so we play around this game

Falling through the branches we break

Though it can never be the same,

There's nothing in this world that can save me

 

We tried to call it love before

And we fell through the choices we made

I'm running for the closing door

And there's nothing in this world that can save me

No, there's nothing in this world that can save me

There's nothing in this world that can save me

 

LYRIC by Mitchell Adam Johnson

Mitchell permits this blog to use and translate his lyrics.

All rights reserved

 

♪REVIEW♪

It's hard to imagine anyone not liking Mitchell Adam Johnson's songs, even someone who doesn't normally listen to rock or pop music. It's like the Beach Boys--your dad would like it, probably even your grandmother. His music has a universal kindness and strength that can open anyone's heart and make them want to cozy up to it.

It feels like autumn--a cold wind blows and leaves flit across the town. You raise the collar of your coat. You're thinking about a loved one who is somewhere far away, but the sun is shining softly overhead. This EP has four songs that give you that same kind of warm and sentimental feeling. The whispery vocals are so reassuring, the melodic guitar lines seem to trace your heart, and the 60s-style production is friendly and inviting.

Johnson creates a nostalgic, private world with his music. It's clear that he is a serious student of music who has been honing is craft for a long time, and that this is the crystallization of his art, a labor of love. The melodies are instantly pleasing, and the arrangements are intoxicating. Everything is thought out perfectly. Johnson clearly understands the complexity of music, but more importantly, he knows how to make the complex seem simple, immediately accessible to listeners. In that way, he is a clear successor of Brian Wilson.

SEI

 

♪BURGER RECORDS RECOMMENDATION♪

Sean Thomas Boherman who is The owner of BURGER RECORDS recommended this EP as follow on his facebook in 24 April. 

“I really really like this EP by Mitchell Adam Johnson that we're putting out on Burger cassette next week. He's a teacher in Minneapolis who emailed some tunes to us, we dug 'em and now he's part of the fam! Take a listen I'll be putting up the rest of the album on our Soundcloud next week”

 

♪Special interview with Johnson for SEI LIBRARY♪

Q

What is the most important thing that you want to communicate to listeners through this EP?

A

I aim to make strong melodic songs with creative arrangements and production. I want to give listeners something to sing along with.

When people are out on a walk or on a drive listening to my songs, I want them to feel like they're in a movie.

Q

How did you create these songs?

Please explain the process in regard to the music, lyrics, and artwork.

A

For the past 10 years or so, I had been writing music for other people to sing. I'd never really planned on releasing solo music. Some of the people I play in bands with convinced me to work on a solo project, so I gave it a shot. Half Moon Lane is the result.

When I write songs, I concentrate mostly on the music; I'm not much of a lyricist. I absolutely love music theory - chords, scales, melodies, rhythms... everything. I usually compose on piano or guitar. Once I have a melody and chord progression, I'll work out some words.

The artwork was created by my friend, Casey McLaughlin. He's an incredible artist, and we understand each other's ideas. When we were discussing the style, I told him I was looking for a Wes Anderson / comic book / 1960s / Casey McLaughlin vibe. He did a brilliant job. I'm excited to collaborate with him more in the future.

Q

What is the theme you are looking for through making music?

A

I have always appreciated the darker side of pop music. Not dark in an angry way - just a bit more real. Records like Pet Sounds, Odessey and Oracle by The Zombies, XO by Elliott Smith, Aimee Mann's songs... I'm into people who understand how to craft a pop melody, but instead of making something shiny and radio-friendly, they fill their productions with less conventional sounds - beautiful and eerie - harmoniums, mellotrons, cellos, tape effects, swooping oohs and ahhs.

There’s not a lyrical theme on this record. Musically, I tried to make it sound like one complete thought - old fashioned, but still modern sounding.

Q

Which artists inspire you?

Which songs inspire you?

A

My biggest inspirations as a songwriter are Lennon & McCartney, Brian Wilson, Carole King, and Holland-Dozier-Holland.

Songs that inspire me? Oh man... "Think Of Rain" by Margo Guryan, "There She Goes" by The La's, "Don't Worry Baby" by The Beach Boys, to name a few.

Q

When did you start music?

A

I started playing piano when I was 7 years old. My parents used to play musical games with me when I was a kid.  Mom and Dad would play a melody on the piano (without me watching), and I would have to accurately play it back.

I think a strong musical ear is the most important thing for a musician to have.

I picked up guitar when I was 14. I went to school for music at St. John's University in Minnesota, where I learned a lot more about music theory.

Q

Where are you from?

A

I was born in Saint Cloud, Minnesota. After college, I moved to London and lived there for a while - such an inspiring city. When I came back to the US, I moved into a house in Minneapolis with one of my bands. And that's where I've been ever since.

 

♪PROFILE♪

Member:

Mitchell Adam Johnson (Age 31) // Lead and Harmony Vocals, Acoustic Guitar, Piano, Mellotron

his solo project

Studio musicians of Half Moon Lane:

Tyler Tholl // Electric Guitar, Double Bass, Piano, Melodica, Drums, Autoharp, 6 String Bass, Bass, Hammered Dulcimer, Nylon String Guitar, Acoustic Guitar, 12 String Acoustic Guitar, Korg M1, Glockenspiel, Accordion, Shaker, Maracas, Rain Stick, Tambourine, Finger Cymbals, Sleigh Bells, Claps, Mellotron, Celeste, Harp, Music Box, Tubular Bells, Crotales, Harpsichord

Daniel Lawonn // Cello

Paul Hilton // Pedal Steel

Maia Hamann // Bassoon

Artwork on Half Moon Lane:

Casey McLaughin

From: Minneapolis, Minnesota - USA

Start: 1990 (when he was 7 years old)

 

f:id:seiichiroslibrary:20150607113107j:plain

 

♪♪JAPANESE VERSION♪♪

♪歌詞♪

The Closing Door

手放せ、信じるものなどありはしない

それに行く場所もない、見る価値のあるものなんて何もないね

今夜君はやってくるだろう

僕らの決め事をすり抜けて落ちていく

それにずいぶん遅くになるだろうけれど

君の心の中で、僕に言う価値のあることは何もないのだろうか?

 

来るのはいいことだよ、僕は君をもう見つけ出すことはないだろうって思っていた

というのも、君の側に僕がいてからずいぶん時が過ぎたから

それから僕らはこのゲームを遊んでまわる

僕らが壊す枝をすり抜けて落ちる

同じであることなんてありえないけれど

この世界で僕を救えるものなどありはしない

 

僕らは以前にそれを愛と呼ぼうとした

それから僕らの決め事をすり抜けて落ちていった

僕は閉じかけているドアに向けて走っている

そして僕を救えるものはこの世界に何もない

そう僕を救えるものなどこの世界にありはしない

僕を救ってくれるものなんて、この世界にはないんだよ

作詞 Mitchell Adams Johnson

訳 SEI

 

※著作者であるMitchell Adams Johnson 本人の許可を得て当ブログへの、歌詞の掲載及び、翻訳をしています。転載は不可となりますので、ご了承ください。

  

♪レビュー♪

たとえあなたがロックを好きでないとしても、最初のヴァースを聴いただけで、Johnson の曲を好きになるだろう。ビーチボーイズの曲のように。あるいは、あなたのお父さんであれ、おばあさんであれ、気に入ってくれるかもしれない。そう彼の曲は、普段は閉ざされている心のドアを開き、心の芯に寄り添う普遍的な優しさと強さを持っている。

 喩えるならば、街を冷たい風が吹き抜け、落ち葉が舞い上がる、肌寒い秋の朝。あなたはコートの襟を首まで上げて、会社や学校へ向かう。そして、隣にはいない大切な人のことを思う。それでも、頭上にある太陽はあなたをそっと照らしている。このEPには、そんな優しくて切ない気持ちにさせてくれる、繊細な4曲が収録されている。ささやきかけるような声は優しく、メロディアスなギターの音色は心のひだをなぞる、60年代風のプロダクションは親密な雰囲気を作っている。

 ノスタルジックで、プライベートな音楽空間。これは、音楽を学び続け、試行錯誤を繰り返し、そして作りあげた技巧の結晶である。一瞬で素晴らしいと感じるメロディも、心地よい曲の展開もすべてJohnson が緻密に計算したものである。音楽の複雑性を理解し、リスナーにその魅力をわかりやすく翻訳して伝える。そのスタイルから彼は、The Beach BoysBrian Wilsonの後継者とも言えるだろう。

SEI

 

♪バーガーレコーズも推薦♪

今、一番ホットなレーベルであるバーガーレコーズのオーナー、Seanは4月24日のフェイスブックのコメントで以下のように、このEPを推している。

“本当に Mitchell Adam Johnsonが作ったEPは大好きだよ。僕らは来週バーガーレコードからのカセットとしてこれを出すつもり。ミネアポリスに住む彼は、何曲かを僕らにメールで送ってくれて。僕らはその曲達を気に入って、今や彼は僕らのファミリーなんだ! 来週、SoundCloudにアルバムの残りの曲をアップするつもりだよ”

 

♪特別インタビュー♪

Q 

この作品で一番伝えたいことはどんなことですか?

A

独創的なアレンジとプロダクションで、強いメロディアスな曲を作ることを目的として作っている。僕はリスナーのみんなに、一緒に歌いたくなるような曲を届けたかった。人々が散歩やドライブで僕の曲を聴いてるようなときに、彼らがまるでひとつの映画の中にいるような気持ちになって欲しいんだ。

Q 

そのために、どんな点にこだわっていますか?

音楽、歌詞、アートワークの観点から教えてください。

A

過去10年ほどばかりの間、僕は、他の人達が歌うために曲を書き続けていた。決してソロの作品をリリースしようと考えたことはなかったね。ただバンドで一緒に演奏した何人かの人達が、僕がソロプロジェクトをやるよう説得してくれたんだ。だから、試しにやってみた。Half Moon Laneはその結果だよ。

僕は曲を書いているとき、音楽に意識のほとんどを集中している。僕は大した作詞家ではないよ。僕は完全に、音楽理論−コード、スケール、メロディ、リズム、そういった何もかもを愛しているんだ。大抵はピアノかギターで作曲をする。いったん、メロディとコードの進行ができれば、言葉は次第に出てくるよ。

アートワークは僕の友達でもあるCasey McLaughinによるもの。彼は素晴らしいアーティストであり、僕らはお互いの考えをよくわかってもいる。僕が(アートワークにおける)表現方法を考えていたとき、彼に話しをしていて。僕はWes Andersonやコミック、1960年代、そして彼らしい雰囲気を探しているとね。そしたら、彼は素晴らしい仕事をやってくれたよ。僕はまた彼とこれから一緒にやっていくことを楽しみにしているよ。

Q

音楽を通じて探求しているテーマは何ですか?

A

僕はいつだってポップミュージックの暗い側面を評価してきた。ただし、怒りの方のダークではなくて、もう少しリアルな方でね。(The Beachboys)の Pet Soundsや The Zombiesの Odessey and OracleElliott SmithのXO, Aimee Mannの曲といった。僕は、どのようにポップなメロディを作るかを理解している人達にのめり込んでいる。彼らはただ輝かしいラジオ向きの音楽を作る代わりに、型にはまった音でなく、美しくてぞっとするようなサウンド(ハーモニー、メロトロン、チェロ、テープの効果、おお!とか、ああ!とかいった急襲)で満ちているんだ。

このレコードにおいて歌詞のテーマはない。音楽的に、古風でありながらモダンな音にするという完全なる思考を、音で鳴らすことに挑戦したんだ

Q

どんなアーティストや曲に影響を受けましたか?

A

ソングライターとしての一番のインスピレーションはLennon & McCartney、 Brian WilsonCarole Kingそして Holland-Dozier-Hollandだね。

曲を少しあげると、Margo GuryanのThink Of Rain、The La'sのThere She Goes 、The Beach BoysのDon't Worry Baby が好き。

Q

音楽はいつから始めましたか?

A

7歳のときにピアノを始めた。僕が子供のとき、両親は僕と一緒に音楽の遊びをしたんだ。母親と父親は、僕を見ないで、ピアノでメロディを弾いたものだ。それで僕は前からピアノを正確に弾かなければならなかったんだ。僕は、ミュージシャンが強い音楽の耳を持つことが一番大事だと考えている。14歳のときにギターを手にして、音楽を学ぶためにミネソタ州のセントジョーンズ大学に行って、そこで僕はたくさんの音楽理論を学んだんだ。

Q

出身はどこですか?

A

ミネソタ州にあるセントクラウドで生まれた。大学を卒業して、ロンドンに移って、そこで少しばかりくらした、本当にイスピレーションにあふれた街だよ。僕がアメリカに移ったときバンドのメンバーの一人と、家をミネアポリスに移した。それ以来、そこで暮らしているよ。

 

 

Special thanks Mitchell for helping me to the end. You are so kind and patient. I am waiting for your new works. If you make new one please teach me.