THE THREE O’CLOCK 

f:id:seiichiroslibrary:20161203174238j:plain

THE THREE O’CLOCK (aka The Salvation Army)

 

With A Cantaloupe Girlfriend
https://soundcloud.com/burgerrecords/the-three-oclock-with-a-cantaloupe-girlfriend


HI

Recently , I have found the young and fresh band through BURGER RECORDS on Sound Cloud.
This band is called THREE O’CLOCK.I have stoked especially on With A Cantaloupe Girlfriend.Band’s logo and visual is so retro. I think it is very stylish.

Then I asked BURGER RECORDS to interview with them.
After receiving to reply, finally I got it.
THE THREE O’CLOCK is legendary band in LA since 1980s.
And they came Fuji rock Festival in 2014.
I didn't know that at all. I am sorry.

But I proved their music haven’t got old.
At least I felt freshly new song by new band.

Regards.
SEI


こんにちは。

最近、Sound CloudにてBURGER RECORDSの選曲を聴いていたとき、素晴らしい新人バンドを発見しまして。THE THREE O’CLOCKというバンドで、With A Cantaloupe Girlfriendという曲にすっかりハマってしまいました。バンドのロゴも写真もレトロで、格好いいなと思いました。

そうして僕は、メンバーに取材できるようBURGER RECORDSに相談しました。

バンドからの返事が来てやっと気づきました。
THE THREE O’CLOCKは80年代からいるLAの伝説のバンドだったのです。
しかも、2014年にはFUJI ROCK FESTIVALにも出演していたらしく。
全然知りませんでした。大変失礼しました。

でも、彼らの音楽が全く古くなっていないことを証明できたと思います。
少なくとも僕には、新しいバンドによる新しい新鮮な曲だと感じました。

SEI

(参考)
Fuji Rock Festivalのレビューです。
http://fujirockexpress.net/14/p_4692


日本にもまた来たいと言ってくれていて。
興味のあるイベンターさんいらっしゃいましたらDannyとつなぎますので、
コメント宜しくお願いします。


♪PROFILE♪

 

Michael Quercio
John Blazing
Troy Howell
Gregg Gutierrez, later known as Louis Gutierrez
Mickey Mariano
Danny Benair
Jason Falkner

Los Angeles
1981–1988, 2013–present

https://soundcloud.com/the-three-oclock
https://www.facebook.com/The-Three-OClock-198570456821504/

 


♪Interview with Danny♪

Q
What is the most important thing that you want to communicate to
listeners through your music?
A
We hope that they love the music that we have made,and is special to
them. The way records resonate to us by other artists.

Q
What is the theme you are looking for through making music?
A
We are a band for people with no friends.. We are here for you...

Q
Why did you choose Three O’Clock as your band name?
A
We were called Salvation Army (A charitable group).Michael Quercio
came in one day and suggested the name,which can mean many thing to
many people. We rehearsed at Three O’Clock.

Q
Who inspire you?
A
Everyone in the band has different inspirations. The Beatles for sure.

Q
Please message to Japan.
A
We would love to return to Japan if anyone is interested. We only
played the Fuji Rock Festival,so keep us in mind! Thanks!

 


♪Dannyへのインタビュー♪

 

Q
音楽を通して一番伝えたいことはどんなことですか?
A
リスナーが僕らが作った曲を愛してくれることを願っている。彼らにとってその曲達が特別ものであればと思う。他のアーティスト達が作ったレコードに僕らが共鳴するようにね。

Q
音楽制作を通して探求しているテーマは何ですか?
A
僕らは友達がいない人々へのバンドなんだ。君のために僕らはいるんだよ、

Q
The Three O’clockをバンド名にした理由を教えてください。
A
Salvation Army(救世軍/慈悲深いグループ)と呼ばれていたんだけど。
ある日、Michael Quercioがやってきて、The Three O’clockを提案したんだ。人によって受け取り方が違う名前だよね。僕らは3時にリハーサルをしたんだ。

Q
誰にインスパイアされますか?
A
バンドのみんなが異なるインスピレーションを持っている。The Beatlesはたしかだね。

Q
日本へのメッセージをお願いします。
A
日本へまた戻れたらと思うよ。もし誰かが興味を持ってくれているのなら。僕らは(2004年に) Fuji Rock Festivalで演奏したきりだから。覚えていてくれよ! ありがとう!

 


Thank you for reading.If you like , please share.

Please follow SEI LIBRARY on Instagram/Twitter that inform posting new article to you.


読んでいただきありがとうございます。

気に入られましたら、ぜひシェアお願いします。
ツイッターとインスタグラムで、SEI LIBRARYのフォローをお願いします。ブログの更新をお伝えしております。


All rights reserved.
転載不可

PLASTIC PINKS

f:id:seiichiroslibrary:20161119145407j:plain

El Animal-PLASTIC PINKS

https://plasticpinks.bandcamp.com/album/el-animal

 


Hi

I introduce Plastic Pinks new EP.
Honestly speaking, I was surprised at listening at “At World’s End” first time.
They are not only writing short songs but long songs.
And I felt their sound has changed.
One of the reason is new band member joined.
Another is that Gordon Raphael who produced The Strokes mixed At World's End and My Frenzy State from their EP.
However I think primary reason is that they got over tough times of their life and work writing so hard and believe possibility of rock music.
You can see that such a June’s feeling behind this EP on this interview.

Regards,
SEI

 

こんにちは。

Plastic Pinksの新しいEPを紹介いたします。
正直言って、 “At World’s End”を最初に聴いた時には驚きました。
彼らは短い曲だけでなく、長い曲を書くのも得意だったのです。
そしてまた、彼らのサウンドが変わったようにも感じました。
理由のひとつは、新メンバーが加入したことであり、
他には、The Strokesの初期の作品をプロデュースしたGordon RaphaelがEPのうち、”At World's End” と”My Frenzy State”をミックスしたこともあるでしょう。
しかしながら一番の理由は、彼らが人生の厳しい時期を乗り越え、懸命に作曲に取り組んだから、ロックの可能性を信じているからこそだと思うのです。
今回のインタビューでは、EPの背後にあるそのようなJuneの気持ちを知ることができます。

SEI

 


♪PROFILE♪

June Summer - Lead Vocalist/Back Vocals
Augie Pink- Rhythm Guitar/Vocals/Back Vocals
Rod Woolf- Lead Guitar/Back Vocals
Dane Giordano- Bass/Back Vocals
Trevor Mustoe- Drums/Back Vocals

Miami Florida

https://www.reverbnation.com/plasticpinks
https://soundcloud.com/plastic-pinks
https://plasticpinks.bandcamp.com/

f:id:seiichiroslibrary:20161119145447j:plain


♪PAST ARTICLES♪

About early works
http://seilibrary.hatenablog.com/entry/2015/09/03/231515

About David Bowie
http://seilibrary.hatenablog.com/entry/2016/01/17/111313

Ex Plastic Pinks member’s project
Denudes
http://seilibrary.hatenablog.com/entry/2016/07/24/152633

 


♪Interview with June Summer♪

Q
What is the most important thing that you want to communicate to listeners through this song?
A
The song “At World’s End” is about how we go through life seeking riches or whatever was embedded into our minds and how we forget to actually live our lives to the fullest, when knowing that at the end of this journey we all suffer the same fate. It's in a way tackling various themes in life like self acceptance, learning to appreciate the journey and so on.

 

Q
For that , how did you try to make these songs? Please teach me from the perspective of music , lyrics and artwork.
A

In this art for our EP “El Animal”, we decided to have something that would express where we are at as a band, the things we have gone through in the past year and how we had to deal with deaths of friends, family and an injury that could have caused me to go paraplegic if not dealt with on time. Things looked pretty dark for a second there. The design was made by Kati Laker and when we saw it we said "that is the one".
All these songs came from a really rough time and us having to stay positive and not letting anything stand in our way. We have some new members in the band,Rod Woolf on lead guitar, Trevor Mustoe on the drums and with this new blend of styles we were able to reach a sound we had sought out for.

 

Q
Who inspire you in these days?
A
In all honesty my inspiration is Iggy Pop for the most part, even though we might do somewhat different music. I just saw the Gimme Danger documentary and I almost cried. The Stooges did it so good. I'm sure all my bandmates have their inspiration come from bands that go through it all for the love of music. Thats how we are, we get tested but we stand tall and don't let situations or bullshit get in the way of our real goal, which is to make music and live our dream. There is no room for negativity, it may come from time to time but you have to overcome it.
The Who, Rolling Stones, MC5, among a million more.

 


♪June Summerへのインタビュー♪


Q
この作品で一番伝えたいことはどんなことですか?
A
“At World’s End”は、どのように人生を通して、豊かさを探し求めていくかってこと、もしくは、頭の中に何が埋め込まれようと、充実した人生を生きるために忘れる方法について。
みんな同じ運命を受け入れることつまり、この旅の終わり知る時、ありのままの自分を受け入れること、旅の真価を学ぶこと、など、人生において取り組む多様な方法のことなんだ。

 

Q
どんなところにこだわって作りましたか?
A
“El Animal”のアートワークでは、俺らは決めたこと、それは、俺らがバンドとしてあること、過ぎ去ったこと、そして友達や家族のの死、そして自分自身が、もしその時対処しないかったら体が麻痺にしけたかもしれない傷害に、向き合わなくてはならなかったこと、そういったことを表現しようと決めたんだ。物事は、(死や傷害に向き合うことについては)物事はとても暗く見えた。デザインはKati Lakerによるもので。これを見つけた時には’まさにこれだ’と言ったほどで。
これらすべての曲は本当につらい体験から生まれたものだ。ポジティブでいようとした、俺らの道を何かが立ってふさがないようにした。Rod Woolfをリードギター、Trevor Mustoeをドラムに迎えたことで、この音楽スタイルの新しいブレンドで、探し求めていたサウンドに辿りつくことができたよ。

 

Q
最近では何にインスパイアされますか?
A
正直、俺のインスピレーションのほとんどはIggy Popだよ。俺らは多少違う種類の音楽をやっているのにもかかわらずね。(Iggy Popのドキュメンタリー)”the Gimme Danger documentary”を見たばかりで、ほとんど泣いていたよ。The Stoogesは素晴らしかった。俺は、バンドのメンバー全員がインスピレーションを、音楽への愛を貫いているバンドから得ていると確信しているよ。それらが俺らがいる理由だ。俺らは挑戦してそれでも立っている、状況やたわごとに俺らの本当のゴールへの道を邪魔をさせたりしない。本当のゴールとは、音楽を作り夢を生きることだ。そこにネガティヴィティの入るな余地はない。それは、時々はやって来るかもしれないけど乗り越えなきゃいけないんだ。
他にもある中でも、The Who, Rolling Stones, MC5からインスパイアされるよ。

 

 

Thank you for reading.If you like , please share.

Please follow SEI LIBRARY on Instagram/Twitter that inform posting new article to you.


読んでいただきありがとうございます。

気に入られましたら、ぜひシェアお願いします。
ツイッターとインスタグラムで、SEI LIBRARYのフォローをお願いします。ブログの更新をお伝えしております。


All rights reserved.
転載不可

IDOL

f:id:seiichiroslibrary:20161106124754j:plain

First Act - IDOL

https://itunes.apple.com/album/first-act-ep/id1162870771?l=zh

f:id:seiichiroslibrary:20161106124907p:plain

Burn Me Up from First Act - IDOL

https://itunes.apple.com/us/album/burn-me-up-single/id1156454497
https://soundcloud.com/i-d-o-l-music/burn-me-up-1

 

 

Hi

I introduce IDOL’s new EP.

Declan(Vocal and guitar) is one of the best musicians for me.
I really like his work:
music(melody and harmony, his voice and guitar riff),photo(artwork and himself),logo(artwork band logo).

He is very smart and talented.
And also he is hard worker for ideal.
So He knew he need new band member for making new sound.

Previous EP was Declan’s solo project.
But this time He made this EP as a band.
So it called "First Act”.
Result is splendid.

All songs are really good. Please check!

Regards,
SEI

 

こんにちは。

IDOLの新しいEPを紹介します。

Vocal and guitarのDeclanは僕にとっての最高のミュージシャンの一人です。
彼の作品がとても好きです。
音楽(メロディー、ハーモニー、彼の声、ギターのリフ)、写真(アートワークや彼自身)、ロゴ(アートワークやバンドのロゴ)

彼はとても頭が良く、才能があります。
そしてまた理想のために熱心に働く人でもあります。
だからこそ彼は新しいサウンドを作るためには、新しいバンドメンバーが必要だとわかっていたんだと思います。

前作のEPは完全にDeclanのソロプロジェクトといった感じですが
今作はバンドとして作られています。
だから、"First Act”というタイトルなんですね。
結果は素晴らしいです。

すべての曲がよいので是非チェックしてみてください。(iTunesで試聴できます)

 

敬具
SEI

 


♪PROFILE♪

Declan Cullen
James Bennewith
Aaron Molyneaux
James Tickle


High Wycombe, UK
2015〜
http://www.idolmusic.co.uk
https://soundcloud.com/i-d-o-l-music

f:id:seiichiroslibrary:20161106124928j:plain

 


♪PAST ARTICLES♪

About 1st EP
http://seilibrary.hatenablog.com/entry/2016/01/08/205137
About David Bowie
http://seilibrary.hatenablog.com/entry/2016/01/17/111313
About Hedi Slimane
http://seilibrary.hatenablog.com/entry/2016/04/10/131216

 


♪SPECIAL INTERVIEW with Declan♪

Q
What is the most important thing that you want to communicate to listeners through this EP?
A
Our biggest goal with our EP was to write great pop songs with big chorus and interesting melodies. We wanted to lift people with our music and write something that sticks with them throughout their day. I feel that sometimes, a lot of rock music is trying very hard to be obscure and although we partly come from that background as individuals, with our wide-spanning musical tastes; for this band, we wanted to eliminate all the fat around our songwriting, and just create hooks.

Q
For that , how did you try to make these songs? Please teach me from the perspective of music , lyrics and artwork.
A
Myself and James, the guitarist would spend hours coming up with ideas, be it a guitar riff or perhaps a simple rhythm. We would demo it on my laptop and try to add layers and different sections to create a song. We would then take it to rehearsal and show it to the rest of the band, to get their input. After the music is written, we add some lyrics to it, focusing mainly on the chorus and keep practicing it until it's ready to play live or record properly in studio. There's nothing particularly special about our writing process, but as I mentioned before, we have a certain formula that we stick to, that dictates the end result of what a song should be or sound like when finished.  
For the artworks, I feel that we're a very visual band, and that our music sounds best when put to image or video. The inspiration behind a lot of our bands themes are of Americana, or Western culture in general, be it in the lyrics, music, or the inspiration for album artwork... For instance, the "Burn Me Up" single has an image of a Space-X rocket, launching to resupply the International Space Station. This was a imagery to the space race of the 1960's and perhaps more obviously, to the imagery within the lyrics, of destructively "burning up" in your social life, or embarking on a great adventure
The "First Act" EP cover, has the rear end of a cadillac, this is a reference to the invention of the motor car and how the west harnessed it to forever change the way we live and work. Perhaps, it's not that deep, at the end of the day, we just liked the way it looked, but there's always a few layers to everything that we do. 

Q
Did anything happen in new band member?
A
Yeah, within the last 6 months we have become a fledged fledged band, with Aaron Molyneaux and James Tickle playing the Drums and the Bass Guitar. They are both great musicians.


Q
Who inspire you in these days?
A
Personally, I have been most recently listening to a lot of Angels and Airwaves and Blink 182. I like the Guitar harmonies and the production. I have also been listening to some old Doo-wop groups, I really like the vocal harmonies, which is something we try and incorporate into our own music. 

 


♪SPECIAL INTERVIEW with Declan♪

Q
この作品で一番伝えたいことはどんなことですか?
A
新しいEPにおける一番の狙いは、力強いコーラスと興味深いメロディーで素晴らしいポップソングを作ることだった。音楽でみんなの気持ちを高めたいと思ったし、聴く人を一日中夢中にさせるような何かを作りたいと思った。多くのロックミュージックは、明瞭さを欠いていると時々感じることがある。けれども僕らは、ある程度個人としてのバックグラウンド、広いスパンの音楽的な嗜好に由来しつつ、このバンドにとって、僕らはソングライティングのまわりのすべての脂肪を排除して、ただフックを作ろうとしている。


Q
どんなところにこだわって作りましたか?
A
僕とJames、ギタリストの二人はアイディアを思いつくのに時間を費やしたよ。そのアイディアをギターのリフに、シンプルなリズムにしていった。僕らはそれをラップトップのデモにしてレイヤーを加えて、曲の違う部分を作っていった。それから、それをリハーサルに持っていてバンドの残りのメンバーに聴かせた、彼らからのインプットを得るために。曲を書き終えると、歌詞を加えた、主にコーラスに注力して。それからライブの準備や、スタジオできちんとスタジオで録音するために練習し続けた。僕らの作曲のプロセスにとりわけ特別なところはない。でもあえて言うとしたら、こだわった明確なフォーミュラがあった。それが最終的にどんな曲であるべきか、どのような音で終わるべきかを指揮していったんだ。
アートワークについて言えば、僕らはとても視覚的なバンドだと思う、イメージやビデオの上に置かれた時、僕らの音楽は一番響くんだ。バンドの背後にあるインスピレーションはたくさんある。テーマはたいてい、アメリカーナ、ウェスタンカルチャーだ。それを歌詞や音楽、もしくはアルバムのアートワークのインスピレーションにしたりする。例えば、"Burn Me Up”のシングルのイメージは国際宇宙ステーションへの再補給のために発射しているSpace-X rocket。これは1960年代の宇宙競争への関連で。それから、おそらくもっと明らかなのは、歌詞の中のイメージにある、社会生活の中での破壊的に燃え上がること、あるいは素晴らしい冒険に向けて準備すること。
"First Act" EPのカバーはキャデラックの後ろで。これはモーターカーのイノベーションと、西部が車を永遠に動力化して我々の生き方や働き方を変えていったかについてのリファレンスなんだ。あるいは、それは深くはないのかもしれない。一日の終わり、単純にその見た目が好きなんだ。でも僕らがすることにはいくつかの階層がいつだってあるんだよ。

 

Q
新しいバンドメンバーで何かありましたか?
(訳注:前作はDeclanのソロプロジェクトだったが、今作はバンドとして取り組んでいる)
A
もちろん、最近六ヶ月で完全に一人前のバンドになったよ。Aaron MolyneauxとJames Tickleがドラム、ベースを演奏してくれている。彼らはともに素晴らしいミュージシャンだよ。

 

Q
最近では何にインスパイアされますか?
A
個人的には、最近はたくさんAngels and AirwavesそしてBlink 182を聴いている。ギターのハーモニーとプロダクションが好きなんだ。それから古いDoo-wopのグループも聴いているよ。ボーカルのハーモニーすごく好きで、それは僕らの音楽と結びつけられるようなものでもあるんだ。

 

 

Thank you for reading.If you like , please share.

Please follow SEI LIBRARY on Instagram/Twitter that inform posting new article to you.

 

読んでいただきありがとうございます。

気に入られましたら、ぜひシェアお願いします。
ツイッターとインスタグラムで、SEI LIBRARYのフォローをお願いします。ブログの更新をお伝えしております。


SEI

 


All rights reserved.
転載不可

PYPY

f:id:seiichiroslibrary:20160703220025p:plain

She’s Gone(for Hedi Slimane) - PYPY

f:id:seiichiroslibrary:20161009005211j:plain

Pagan Day(LP) - PYPY

This album includes She’s Gone(short version).
https://slovenly.bandcamp.com/album/pypy-pagan-day-lp

 

Hi 

I introduce Pypy.

This band is known by making music for Saint Laurent  At The Palladium Collection.This is also Hedi Slimane's final collection.

This band's member Roy V talked about show song 'She's Gone' ,this collection,their album and themselves for my blog.

And also I feature some musicians whom I had introduced on my blog in this show.

Please enjoy Pypy and Hedi's last show.

Regards,

SEI

 

こんにちは。
Pypyというバンドを紹介します。
このバンドはSaint Laurent At The Palladium Collectionの音楽を作ったことで知られています。これはまたHedi Slimaneの最後のショーでもあります。
このバンドのメンバーであるRoy Vがショーの曲である'She's Gone' や、このCollection、彼らのアルバムから彼ら自身についてこのブログのために語ってくれました。
また、後半では以前紹介したこともあり、このショーに参加したミュージシャンを紹介いたします。
PypyとHediの最後のショーをお楽しみください。
SEI

 

 

♪PROFILE♪

Roy V
Phil Clem
Simon S
Annie-Claude

Montreal Quebec, Canada
https://www.facebook.com/PyPy-122605887765714/

 

f:id:seiichiroslibrary:20161009005300j:plain

Roy V (aka Choyce , Trxrfrkids , Dream Boogie Beat)who is guitarist and one of the vocalists in Pypy releases a brand new Hip hop EP. 

https://voir.ca/…/rap-local-brakhage-gabe-nandez-rowjay-et…/

 

♪SPECIAL INTERVIEW with Roy V ♪

 
About She’s Gone(for Hedi Slimane)

Q
What is the most important thing that you want to communicate to listeners through She’s Gone?
A
There's a lot of automatic writing and free association with our lyrics.
I tend to write more like you would a hip hop track (a lot of rhymes and I start with a text and mess with the flow over the music)
Annie-Claude on the other hand writes very phonetically.

Q
How did you meet him? What is Hedi’s request?
A
We were initially contacted by Lotte Selwood who is an accessories designer at Saint Laurent. If I remember correctly she was playing our music in their office and Hedi really took to it.
To be honest we initially thought we had been contacted by a thrift store called Saint-Laurent since there is a Saint-Laurent street in Montreal.I knew the Saint Laurent line of course.But when they reached out
to us we didn't think of the fact that they had dropped the "Yves" from the brand name. The line is called Saint Laurent Paris. But they had just written Saint Laurent and there is a street with that name in montreal
We only realized we were dealing with the prestigious fashion house after receiving the instructions for the music.
We felt a bit like idiots, but we were thrilled and our minds were blown.

Q
And how did you try to make this song?
A
For Hedi Slimane's show, he had chosen a preexisting track. So we could either remix it to 20 minutes or rerecord a 20 minute version. We chose to record a 20 minute version with Jean-Michel Coutu.
The lyrics "everything is turning obsolete" was an ad lib taken from another one of our songs but the lyrics fit the show perfectly.

Q
How did you feel that this song had used Hedi’s last show?
A
I feel they use the song partly for its lyrics. Hedi was departing from the fashion company and the lyrics were fitting.
The show was somewhat of an ode to rockstar fashions. Bowie had just passed away and it seemed like a tribute to him but also an end of an era. There was definitely a sense of nostalgia in the show and our music is a bit of a clusterf*ck of genres and eras. We take from noise, punk , no wave, hip hop, garage and psych music and we try to mix it all up like a salad.
I went down to LA for the show which was truly a magical experience. It almost felt like a dream.


About Pagan Day(LP)

Q
What is the most important thing that you want to communicate to listeners through this LP?
A
Make art and music freely,,,,as time goes by all the types of sounds seem to overlap and mix with each other. Try to give yourself your own voice. Try all sorts of music genres, have fun, indulge yourself, challenge yourself with new concepts, dance.... HAVE FUN with art.
Politics and business have turned even more sour and ugly but there is still beauty in creation and art for art sake.

 

About Pypy

Q
What is the theme you are looking for through making music?
A
FREEDOM & FUN.
We are all old friends and don't always get to hang out. We're all pretty busy with our own work and projects.So we use PYPY as a way to spend some time together, jam and joke around.

Q
Why did you choose Pypy as your band name?
A
It is supposed to be in reference to the mathematical symbol Pi and in homage to Pythagoras.
Many mathematical and scientific discoveries can be attributed to him as well as discoveries and concepts in the fields of music, astronomy and medicine.
We misspelled it on purpose and say it in both french and english to make the name even more confusing.

Q
Who inspire you?
A
Artistic instigators, poetic terrorism, all those who live through their art.
We were very inspired by the Dadaists and the surrealists and are also inspired by finding the fantastic in the mundane.
We also inspire each other in the band. We are each others muses for the project.

 

 

♪SPECIAL INTERVIEW with Roy V♪

 

She’s Gone(for Hedi Slimane)について 

Q
この作品で一番伝えたいことはどんなことですか?
A
無意識に(自然発生的)に曲を作っていったり、僕ら(メンバー)の歌詞を自由に関連づけていったところがいっぱいあって。僕はヒップホップのように曲を作りがちなんだよね。リズムがたくさんあって、その音楽の上に言葉やなんかを載せいくっていうような。一方、別のメンバーのAnnie-Claudeはとても音声学的に曲を作っていくんだよ。 

Q
Hediとはどのようにに出会いましたか? また彼のリクエストは何でしたか?
A
僕らは最初、Lotte SelwoodというSaint Laurentのアクセサリーデザイナーから連絡をもらったんだ。記憶が正しければ、彼女がオフィスで僕らの曲を聴いていて、Hediがそれを気に入ってくれたみたいなんだ。
正直言って僕らは最初、モントリオール(訳注カナダの最大都市。彼らもここの出身)のサンローランストリートにある、サンローランと呼ばれる中古品店から連絡があったと思ったんだ。僕だってもちろんSaint Laurentのラインは知ってたよ。でも、彼らが連絡してくれたとき、ブランドの名前から"Yves”をは外した事実に思いもよらなかったし。そのラインは、Saint Laurent Parisって呼ばれてるでしょ。でも、僕らが受け取ったのはSaint Laurentってあっただけで、それはちょうどモントリオールにある通りと一緒だったんだよ。
音楽についての指示を受け取った後は、僕らは名声のあるメゾンと取引していたと理解しただけだった。ちょっと自分達がバカのように感じたけれど、ワクワクしたし、すごく驚いたよ。

Q
曲作りはどんなところにこだわっていますか?
A
Hedi Slimaneのショーのために、彼は前から存在している曲を選んだんだ(訳注:この曲は、Pagan Dayに収録されている)。だから僕らは、それを20分にリミックスするか、もしくは20分のバージョンで録音し直すか選ぶことができた。それで、Jean-Michel Coutuと一緒に録音することに決めたんだよ。
歌詞の”everything is turning obsolete(何もかもが、時代遅れになっていく)”は、ある解放運動の広告であったもので。僕らの別の曲にあった歌詞だったんだけど、このショーに完璧にハマっていたから入れたんだ。

Q
曲がHediの最後のショーに使われてどのように感じましたか?
A
僕は彼がこの曲を使った理由のひとつは歌詞にあったんだなと感じたよ。Hediがメゾンから離れるタイミングで、歌詞がぴったりと合っていたんだ。
ショーはロックスターのファッションに向けた叙情詩のようだった。ちょうどDaivid Bowieがこの世を去ったタイミングでもあって、彼に向けての追悼であるようにも感じた。それだけでなく、ひとつの時代の終わりのようにもね。
ショーにはノスタルジーの感覚が明確にあった。僕らの音楽は、いくつものジャンルと時代の混沌といった感じだった。僕らはノイズ、パンク、ノーウェイヴ、ヒップホップそしてサイキミュージック、それらを、まるでサラダのように全てミックスしようとしたんだ。
ショーのためにLAに行ったことは、本当に魔法のような体験だったよ。ほとんど夢のように感じたほどさ。

 

Pagan Day(LP)について。She’s Goneの原曲を収録。

Q
この作品で一番伝えたいことはどんなことですか?
A
あらゆる種類のサウンドが重なり合い、混ざりあう時間の流れゆくままに、アートと音楽を自由に作れってね。自分自身のヴォイスを掴むんだってことでもある。すべての音楽のジャンル、楽しむこと、自分の気ままに、自分自身に挑戦すること、新しいコンセプト、ダンス、アートともに、そういった何もかもに挑戦しようってことさ。
政治とビジネスは不快に、醜悪に変わっていった。でもアートのための創造には美しさがまだ残っているんだ。

 

Pypyについて

Q
音楽を通して探求しているテーマはなんですか?
A
自由と楽しみ。
僕らはみんな古い友達なんだ。しょっちゅう一緒に出かけるわけじゃない。みんなそれぞれが自分の仕事やプロジェクトですごく忙しい。そこで、ジャムしたり遊んだりと一種に過ごす時間のためにPypyをひとつの手段として使っているんだよ。

Q
なぜPypyをバンド名として選んだのですか?
A
数学の象徴(円周率の)パイ(Pi)とピタゴラス(Pythagoras)のオマージュから。
多くの数学的、科学的発見と同様に、音楽や天文学、医学における発見とコンセプトもまた、彼に帰せられるんだ。
意図的に(パイの)つづりを間違えて、さらに混乱するようにフランス語と英語の両方で言うようにしている。

Q
どんな誰に影響を受けていますか?
A
アーティスティックな扇動者、ポエティックなテロリズム、アートを通して生きる人全て。
ダダイストやシューリリアリストに強く影響を受けながらも、世俗的な熱狂を見つけることからもインスパイアされる。
バンドのメンバーからも同様に。このプロジェクトのために、僕らお互いがミューズでもあるんだ。

 

 

♪♪SAINT LAURENT AT THE PALLADIUM BY HEDI SLIMANE♪♪

Music is She’s Gone by Pypy.

SAINT LAURENT AT THE PALLADIUM | YSL.com

 

♪Randal Ferguson(Mothership Psycosis)♪

http://seilibrary.hatenablog.com/entry/2016/02/20/123138

f:id:seiichiroslibrary:20160220122959j:plain

 

♪Brandon Browning(The Dead Beat)♪

http://seilibrary.hatenablog.com/entry/2016/04/23/181142

f:id:seiichiroslibrary:20160410121006j:plain

 

Rexx

http://seilibrary.hatenablog.com/entries/2015/06/14

f:id:seiichiroslibrary:20161009005845j:plain

 

♪Jake Jake(The Britanys)♪

http://seilibrary.hatenablog.com/entries/2015/12/26

f:id:seiichiroslibrary:20161009005908j:plain

 

♪Sarah Engelland♪

https://www.instagram.com/sarahengelland/?hl=ja

I think she is one of the best model in Hedi's show from first show to last.

f:id:seiichiroslibrary:20161009005921j:plain


Source
http://www.vogue.co.uk/shows/autumn-winter-2016-menswear/saint-laurent/

 

Hedi Slimane

I had wrote about Hedi Slimane’s achievement in Saint Laurent through SWMRS album review.

 

Full Article is here.
http://seilibrary.hatenablog.com/entries/2016/05/28

This is a part of the text.

 

Written by SEI
Translated by Alex Herdman

...

However, the personality of each youth has been alienating by the sophisticated fashion of the mainstream. Youth was just a marketing target. Hedi grasped as a single large movement, the unique and separate actions of youth trends. In addition, this movement is, as Kurt Cobain and Peter Doherty said, not established around any one person’s charisma, but rather, it is each individual personality gathered together that makes it a movement. And so he positioned this movement of historical punk and surf in the flow of alternative culture. This new culture has been established by each person’s individuality. It is the individual thoughts, expression and actions of youths, therefore, that leads to the overall development of culture. In other words, Hedi is redefining the role and position of the individuality of alienated youth.

Furthermore, Hedi, using the Saint Laurent brand, positioned Californian youth’s ‘uncool’ in the fashion mainstream. He has carefully rebuilt the youth style of California with all the craft of a Parisian atelier. However, it wasn’t polished, and it wasn’t modernized. Instead, much like Kurt with sunglasses, it was tied to the culture of the past. As a result, the digital age once again has clothing with a human touch, something previously lost. The outfits are much too expensive for the models who participated in the show. But that didn’t matter. The important thing is that the diversity of youth is positioned as mainstream fashion. Rather than the brand name or its pricing, it was their values that were greatly enhanced. Thus, youth, even while dressed in the same cheap clothes as always, are able to have their values recognised and understood by the world.

...

What is the creed of Californian youth that counters modern propaganda? Expressed in other words, what is the philosophy that Hedi has positioned at the core of the fashion industry?
It is not new. They are ideas we now take for granted and had started to forget. And it’s a very human and relatable thing.
That thought, backed by a great wise man, Peter Ferdinand Drucker, and placed at the core of the concept of personal responsibility, is ‘freedom’.


Hedi SlimaneのSaint Laurentにおける功績について、SWMRSのアルバムレビューを通して紹介しました。

全文は以下より拝見いただけます。
http://seilibrary.hatenablog.com/entries/2016/05/28

以下、抜粋です。


Written by SEI

(略)

しかしながら、それぞれのユースの個性は、洗練されたファッションのメインストリームから疎外されていた。ユースはマーケティングの対象でしかなかった。Hediは、個性的であるがゆえに個別に活動しているユースの動きを、ひとつの大きなムーブメントとして捉えた。また、このムーブメントが、Kurt CobainやPeter Dohertyといった、一人のカリスマを中心に成立しているのではなく、一人一人の個性が集合としてムーブメントを作っていることも見抜いた。そして、彼はこのムーブメントを、歴史あるパンクとサーフという、オルタナティブカルチャーの流れに位置づけた。この新しいカルチャーは、一人一人の個性によって成立している。それゆえに、ユースそれぞれが考え、表現するという個人的な行為そのものが、カルチャー全体の発展につながる。つまりHediは、疎外されたユースの個性の位置と役割を再定義したのだ。
 
さらにHediは、Saint Laurentというブランドを使い、UNCOOLの集合であるカリフォルニアのユースカルチャーを、ファッションのメインストリームに位置づけた。彼は、カリフォルニアのユースのスタイルを、パリのアトリエの技術で丁寧に再構築した。ただし、洗練させなかった、モダナイズもさせなかった。その代わりに、Kurtのサングラスなど、過去のカルチャーとひもづけた。その結果、デジタルエイジが失ったヒューマンタッチな服が揃った。ショーに参加したモデル達がコーディネートで揃えるにはあまりに高かった。しかし、それは問題ではなかった。重要なのは、ユースの多様性が、ファッションのメインストリームとして位置づけられたことであった。ブランド名や金額の高さはむしろ、その価値を一層高めるものであった。こうしてユースは、いつもと同じ安い服に身を包みながらも、彼らの価値観が認められていることを知った。

(略)

カリフォルニアのユースが現代のプロパガンダに対抗する際の信条とは何か? 言い換えるならば、Hediがファッション業界の中核に位置づけた理念とは何か? それは新しくはない。あまりにも当然になり、忘れられかけつつある理念である。しかもそれは、もっとも人間的で、共感できるものである。
その思想とは、現代最高の哲人、Peter Ferdinand Druckerが思想の中核に据えた概念、個人の責任に裏打ちされた、’自由’である。

 

 

 

Thank you for reading.If you like , please share.
Please follow SEI LIBRARY on Instagram/Twitter that inform posting new article to you.

 

読んでいただきありがとうございます。
気に入られましたら、ぜひシェアお願いします。
ツイッターとインスタグラムで、SEI LIBRARYのフォローをお願いします。ブログの更新をお伝えしております。


SEI

 


All rights reserved.
転載不可

BUTTECHNO

f:id:seiichiroslibrary:20160903134703j:plain

Gosha Rubchinskiy AW 16 Soundtrack - BUTTECHNO

https://johnskingdom.bandcamp.com/album/gosha-rubchinskiy-aw-16-soundtrack

 


Hi

I introduce BUTTECHNO.
He is known as a composer of Gosha Rubchinskiy fashion show.
Some Russian artist just like Dostoyevsky and Rodchenko have attracted me.
And now Gosha and Buttechno also do.
Please enjoy their new culture.

 

BUTTECHNOを紹介します。
彼はGosha Rubchinskiyのファッションショーのコンポーザーとして知られています。
何人かのロシア人のアーティスト、ドストエフスキーやロトチェンコは私を惹きつけてきました。
今ではGoshaやButtechonoにも惹きつけられます。
ぜひ彼らの新しいカルチャーを楽しんでください。

 

Regards,
SEI

 


♪Profile♪


BUTTECHNO aka Pavel Milyakov

Moscow,RUSSIA
https://soundcloud.com/buttechno


♪Photos by Kojiro Mori♪

f:id:seiichiroslibrary:20160703161911j:plain


All photos are here.
http://seilibrary.hatenablog.com/entry/2016/07/03/162924

 


♪Gosha Rubchinskiy aw 16 show♪

https://www.youtube.com/watch?v=sm33ZKAzH1o

f:id:seiichiroslibrary:20160903134749j:plain

 

f:id:seiichiroslibrary:20160903134816j:plain

 

f:id:seiichiroslibrary:20160903134848j:plain

Source
http://www.vogue.co.uk/shows/autumn-winter-2016-menswear/gosha-rubchinskiy/collection/

 


♪Interview with BUTTECHNO♪


Q
What is the most important thing that you want to communicate to listeners through this song?
A
I want to create poetry through my music, to create mood and images with the sound.


Q
For that , how did you try to make this songs?
A
It is very personal thing, but the making of music for me is not only mystery but also a very hard everyday work.


Q
How did you meet Gohsa?
A
We met in 2009 when I used to work with him as a graphic designer.


Q
What is the theme you are looking for through making music?
A
I’m looking for new poetic images, exploring them with sound.


Q
Why did you choose BUTTECHNO as this project?
A
It’s a mysterious story connected to Yalta, the city in Crimea


Q
Who inspire you?
A
poetry, music, art
About poetry — I’d say French poets like Rimbauld, Mallarme, Verlain, russian poetry of 18-19 century, etc.


Q
Would you recommend that Russian contemporary musician?
A
I think for me the most beautiful persons are Vtgnike.
https://radology.bandcamp.com/album/real-love-doesnt-have-past-tense
and
Flaty
https://soundcloud.com/producedbyflaty


Q
What is the theme of your fashion style?
A
I don’t think I have some fashion style.I just don’t give a damn about what I am wearing, all my time I spend on making music.

 


♪BUTTECHNOへのインタビュー♪

 

Q
この作品で一番伝えたいことはどんなことですか?
A
俺は音楽で詩を作りたいと思っているんだ。サウンドでムードやイメージを作りあげることによってね。

 

Q
そのためにはどんなことにこだわっていますか?
A
とても個人的なことなんだ。でも俺にとって、音楽を作ることは神秘的ななだけではなく、毎日の厳しい仕事でもある。

 

Q
Goshaとはどのようにに出会いましたか?
A
2009、俺がグラフィックデザイナーとして彼と一緒に働いていた時に出会ったんだ。

 

Q
音楽を通して探求しているテーマはなんですか?
A
サウンドによって、新しい詩的なイメージを探求し続けること。

 

Q
なぜBUTTECHNOをプロジェクトの名前として選んだのですか?
A
その名前はクリミアの都市であるヤルタの神秘的な物語へとつながっているんだ。

 

Q
どんなアーティストに影響を受けていますか?
A
詩、音楽、アート。
詩についていうと。フランスのアルチュール・ランボーステファヌ・マラルメポール・ヴェルレーヌ。それからロシアの18-19世紀のアーティストだね。

 

Q
ロシアの同時代のアーティストをレコメンドしてもらえませんか?
A

俺にとって最も美しい人っていうとVtgnike。
https://radology.bandcamp.com/album/real-love-doesnt-have-past-tense
and
それからFlaty。
https://soundcloud.com/producedbyflaty

 

Q
あなたのファッションのテーマは何ですか?
A
自分にファッションスタイルがあるなんて思っていない。俺は自分が何を着るかになんて気にしたりなんかしない。すべての時間を音楽を作ることに費やしている。

 

 

 

Thank you for reading.If you like , please share.

Please follow SEI LIBRARY on Instagram/Twitter that inform posting new article to you.

 

読んでいただきありがとうございます。

気に入られましたら、ぜひシェアお願いします。
ツイッターとインスタグラムで、SEI LIBRARYのフォローをお願いします。ブログの更新をお伝えしております。


SEI

 


All rights reserved.
転載不可

THE FONTAINES

f:id:seiichiroslibrary:20160828121448j:plain

ⅱ (EP) - THE FONTAINES

thatfontainesound.bandcamp.com

 


Hi

I introduce the new EP by The Fontaines.
Their sound has changed.
It became more modern.
I think this innovation is pretty good .

I recommend you listen to first track ‘Cold’ of this EP at first.
https://www.youtube.com/watch?v=CbWj__JfYFQ

Please enjoy their new sound.

Regards,
SEI

 

♪PROFILE♪

Charlotte - vocal
Hank - guitar
From - Los Angels
Start - 2013

 

 ♪PAST ARTICLES♪

About 1st EP
http://seilibrary.hatenablog.com/entry/2015/05/16/142148

About Cold
http://seilibrary.hatenablog.com/entry/2015/11/28/181811

 

♪INTERVIEW with Hank♪

Q
What is the most important thing that you want to communicate to listeners through this ep?
A
This was our attempt to explore sounds that haven't been made before. Our first EP was pretty retro/vintage sounding...and I think Charlotte and I realized that was restricting us creatively.

Q
For that , how did you try to make these songs?
A
We wrote these songs while we were listening to more contemporary music than last time. The album art was shot in Hollywood at a beautiful prop store. It reminds me of the album covers of Storm Thorgerson.

Q
Who inspire you in these days?
A
These days I'm being inspired by all kinds of music, and I think the record we're working on is going to be pretty diverse sonically. I hear Pink Floyd, Radiohead, Garbage, and Buddy Holly in what we're writing right now. Even though that doesn't sound like a great combination!

 

♪Hankへのインタビュー♪

Q
この作品で一番伝えたいことはどんなことですか?
A
この作品は、前に作ったことないサウンドを探求するための試みだった。僕らの最初のEPはとても、レトロ、ヴィンテージなサウンドだったんだけど。Charlotteと僕は、そのサウンドが僕ら(の可能性を)制限していたんじゃないかって気づいたんだよね。

Q
そのためにはどんなことにこだわっていますか?
A
以前よりも、もっとコンテンポラリーな音楽を聴きながら、僕らはこれらの曲達を作っていったんだ。アルバムのアートワークはハリウッドにある美しい店の前で撮ったんだ。これはStorm Thorgersonが手がけたアルバムのカバーを思い起こさせるよ。

Q
最近ではどんなアーティストに影響を受けていますか?
A
いろんな種類の音楽から影響を受け続けているよ。僕らが今、製作しているレコードは、音響的にもとても多様になっている。
Pink Floyd,Radiohead,GarbageそれからBuddy Hollyが、今作っている作品から僕には感じられたりするほどで。たとえ、それが(みんなには)素晴らしい組み合わせのように、聞こえなかったとしてもね!

 

Thank you for reading.If you like , please share.

Please follow SEI LIBRARY on Instagram/Twitter that inform posting new article to you.

SEI

 


All rights reserved.
転載不可

 

HIGH TYDE

f:id:seiichiroslibrary:20160821121622p:plain

SPEAK - HIGH TYDE

https://soundcloud.com/wearehightyde

 

I introduce the new song of HIGH TYDE.
Music is very exciting but lyric is very emotional.
Both are excellent for this song.
High Tyde is the one of my most favorite band.
I can’t wait their first album

SEI

 


♪PROFILE♪

Cody - vocal bass
Spencer - guitar
Conno - guitar
Louis - drums
From - Brighton,UK
Start - 2012
http://wearehightyde.com

f:id:seiichiroslibrary:20160821121808j:plain

 

♪MINI INTERVIEW with Cody♪

Q
What is the theme of this song?
A
Everybody will have or has an ex lover that won't pick up their phone calls. It's about wanting to build up a relationship with someone you may have burnt bridges with in the past.
These days is about my ex girlfriend.When we split,I had a lot I needed to get off my chest and these days fit the situation perfectly.

Q
この曲のテーマは何ですか?
A
誰もが、もう電話をとりたいとは思えない、過去の恋人がいるだろう。この曲は、過去において関係を壊してしまった誰かとの、関係を取り戻したいってことについての歌詞なんだ。
その頃のことは、僕自身の元彼女についてのことで。僕らが別れた時、僕は胸の内から、たくさんのものを引き出さなくてはいけなかった。今も、完璧にまさにその境遇にはまっているんだ。

 


♪PAST ARTICLES ♪

About David Bowie
http://seilibrary.hatenablog.com/entry/2016/01/17/111313

About Mustang Japan
http://seilibrary.hatenablog.com/entry/2015/06/27/112115

 

 

 

Thank you for reading.If you like , please share.

Please follow SEI LIBRARY on Instagram/Twitter that inform posting new article to you.

 


All rights reserved.
転載不可

 

SEI