THE FONTAINES

f:id:seiichiroslibrary:20160828121448j:plain

ⅱ (EP) - THE FONTAINES

thatfontainesound.bandcamp.com

 


Hi

I introduce the new EP by The Fontaines.
Their sound has changed.
It became more modern.
I think this innovation is pretty good .

I recommend you listen to first track ‘Cold’ of this EP at first.
https://www.youtube.com/watch?v=CbWj__JfYFQ

Please enjoy their new sound.

Regards,
SEI

 

♪PROFILE♪

Charlotte - vocal
Hank - guitar
From - Los Angels
Start - 2013

 

 ♪PAST ARTICLES♪

About 1st EP
http://seilibrary.hatenablog.com/entry/2015/05/16/142148

About Cold
http://seilibrary.hatenablog.com/entry/2015/11/28/181811

 

♪INTERVIEW with Hank♪

Q
What is the most important thing that you want to communicate to listeners through this ep?
A
This was our attempt to explore sounds that haven't been made before. Our first EP was pretty retro/vintage sounding...and I think Charlotte and I realized that was restricting us creatively.

Q
For that , how did you try to make these songs?
A
We wrote these songs while we were listening to more contemporary music than last time. The album art was shot in Hollywood at a beautiful prop store. It reminds me of the album covers of Storm Thorgerson.

Q
Who inspire you in these days?
A
These days I'm being inspired by all kinds of music, and I think the record we're working on is going to be pretty diverse sonically. I hear Pink Floyd, Radiohead, Garbage, and Buddy Holly in what we're writing right now. Even though that doesn't sound like a great combination!

 

♪Hankへのインタビュー♪

Q
この作品で一番伝えたいことはどんなことですか?
A
この作品は、前に作ったことないサウンドを探求するための試みだった。僕らの最初のEPはとても、レトロ、ヴィンテージなサウンドだったんだけど。Charlotteと僕は、そのサウンドが僕ら(の可能性を)制限していたんじゃないかって気づいたんだよね。

Q
そのためにはどんなことにこだわっていますか?
A
以前よりも、もっとコンテンポラリーな音楽を聴きながら、僕らはこれらの曲達を作っていったんだ。アルバムのアートワークはハリウッドにある美しい店の前で撮ったんだ。これはStorm Thorgersonが手がけたアルバムのカバーを思い起こさせるよ。

Q
最近ではどんなアーティストに影響を受けていますか?
A
いろんな種類の音楽から影響を受け続けているよ。僕らが今、製作しているレコードは、音響的にもとても多様になっている。
Pink Floyd,Radiohead,GarbageそれからBuddy Hollyが、今作っている作品から僕には感じられたりするほどで。たとえ、それが(みんなには)素晴らしい組み合わせのように、聞こえなかったとしてもね!

 

Thank you for reading.If you like , please share.

Please follow SEI LIBRARY on Instagram/Twitter that inform posting new article to you.

SEI

 


All rights reserved.
転載不可

 

HIGH TYDE

f:id:seiichiroslibrary:20160821121622p:plain

SPEAK - HIGH TYDE

https://soundcloud.com/wearehightyde

 

I introduce the new song of HIGH TYDE.
Music is very exciting but lyric is very emotional.
Both are excellent for this song.
High Tyde is the one of my most favorite band.
I can’t wait their first album

SEI

 


♪PROFILE♪

Cody - vocal bass
Spencer - guitar
Conno - guitar
Louis - drums
From - Brighton,UK
Start - 2012
http://wearehightyde.com

f:id:seiichiroslibrary:20160821121808j:plain

 

♪MINI INTERVIEW with Cody♪

Q
What is the theme of this song?
A
Everybody will have or has an ex lover that won't pick up their phone calls. It's about wanting to build up a relationship with someone you may have burnt bridges with in the past.
These days is about my ex girlfriend.When we split,I had a lot I needed to get off my chest and these days fit the situation perfectly.

Q
この曲のテーマは何ですか?
A
誰もが、もう電話をとりたいとは思えない、過去の恋人がいるだろう。この曲は、過去において関係を壊してしまった誰かとの、関係を取り戻したいってことについての歌詞なんだ。
その頃のことは、僕自身の元彼女についてのことで。僕らが別れた時、僕は胸の内から、たくさんのものを引き出さなくてはいけなかった。今も、完璧にまさにその境遇にはまっているんだ。

 


♪PAST ARTICLES ♪

About David Bowie
http://seilibrary.hatenablog.com/entry/2016/01/17/111313

About Mustang Japan
http://seilibrary.hatenablog.com/entry/2015/06/27/112115

 

 

 

Thank you for reading.If you like , please share.

Please follow SEI LIBRARY on Instagram/Twitter that inform posting new article to you.

 


All rights reserved.
転載不可

 

SEI

 

 

 

SLOW HOLLOWS

Slow Hollows July 11th 2016 taken by Natalie Somekh

I introduce photographer Natalie Somekh through Slow Hollows photos.
今回は、Slow Hollowsの写真を通して、フォトグラファーNatalie Somekhを紹介します。

 

♪Profile♪

Natalie Smooch
 Newport Beach, California 

    Natalie Somekh

 Instagram @natsomphoto


Slow Hollows
 Their article is here.
 http://seilibrary.hatenablog.com/entry/2015/11/13/221839

 

f:id:seiichiroslibrary:20160731143318j:plain

f:id:seiichiroslibrary:20160731143322j:plain

f:id:seiichiroslibrary:20160731143326j:plain

f:id:seiichiroslibrary:20160731143329j:plain

f:id:seiichiroslibrary:20160731143333j:plain

f:id:seiichiroslibrary:20160731143336j:plain

 

♪Interview with Natalie Smooch♪

Q
What is the most important thing that you want to communicate to listeners through these photos?
A  
I want to communicate that Slow Hollows are a great band and should be on everyone's "artists to watch" list. I am the music editor for the MAT Mag and I'm always looking for new bands to put on my radar. I've watched Slow Hollows and the Los Angeles music scene grow throughout the years and it makes me excited to see how much they've improved musically. These boys have lots of talent. 

 

Q
For that , how did you try to take these photos?
A
I help book bands at the Observatory in Santa Ana, CA, so I messaged Dylan Thinnes on Facebook about booking Slow Hollows and other Danger Collective bands in the Constellation Room. We set up a show, they played, and I took pictures for the venue. 

 

Q
What camera do you use and why?
A
I use a Sony a7ii. When I was in middle school I was gifted my first camera, a Sony a65, and stuck with the brand ever since. 

 

Q
What is the theme you are looking for through taking photos?
A
I want to capture the emotion of artists as they perform. It amazes me how they can get up on stage and play songs about personal experiences to large crowds. 

 

Q
Who inspire you?
A
Music and my photographer friends inspire me. Christina Chi Craig (@urbanafterthought on Instagram) is one of my favorite concert photographers and I am so lucky to call her my friend. She has really helped me become the photographer I am today and I love her for that. I hope to work in the music industry for the rest of my life. 

 


Natalie Smoochへの特別インタビュー♪

Q 
これらの写真で一番伝えたいことはどんなことですか?
A
Slow Hollowsが素晴らしいバンドで、みんなの見るべきアーティストリストに入れるべきだって、伝えたかったの。私は the MAT Magのミュージックエディターであり、新しいバンドを探しているの。私はSlow Hollowsや Los Angelesの音楽シーンが年々成長していくのを見てきた。彼らが音楽を発展させていくの目のあたりにすることは、エキサイティングな体験だった。これらの少年達は才能にあふれているのよ。

 

Q 
それを実践するために、どのように撮りましたか?
A
カリフォルニアのthe Observatoryでのバンドのブッキングを手伝っていて。 Slow Hollowsや他のDanger Collective のthe Constellation RoomでのブッキングについてDylan Thinnesにフェイスブックでお願いしたの。我々はショーを計画し、彼らは演奏し、私は会場でたくさんの写真を撮ったのよ。

 

Q
どんなカメラを使っていますか? 
A
Sony a7iiを使っている。ミドルスクールのとき、私の最初のカメラとしてa Sony a65をプレゼントしてもらったの。それ以来、ずっとソニーなの。

 

Q
探求している写真のテーマは何ですか?
A
パフォーマンスしているときのアーティストの感情を捉えたいと思っている。ミュージシャンがステージにやってきて、大衆に向かって、個人的な経験について、演奏することは、本当にすごいことだと思う。

 

Q
影響を受けたアーティストは誰ですか?
A
音楽と友達のフォトグラファーにインスパイアされるわ。Christina Chi Craig (@urbanafterthought on Instagram) は大好きなコンサートフォトグラファーの一人。私が彼女を友達と呼べてラッキーね。彼女は本当に、私がフォトフグラファーになるのを助けてくれて。そのことで本当に感謝している。私の人生の残りを音楽界で仕事をすることが望みだわ。

 


Thank you for reading.If you like , please share.

Please follow SEI LIBRARY on Instagram/Twitter that inform posting new article to you.

 


All rights reserved.
転載不可

 

SEI

 

Dénudés

f:id:seiichiroslibrary:20160724151754j:plain

 

Dénudés - Black Satellite

 

♪Music♪

Black Satellite
 https://www.youtube.com/watch?v=UjSOtEOzm34
 http://bigtakeover.com/news/video-premiere-black-satellite-by-denudes 

 


♪Profile♪

 

Miami, Florida
Luigi La Rocca (voice/guitar)
Anthony Genovese (drums)
Krystal Andreu (bass)
Eddie "Spaghetti" Moreno (guitar/back up vocals)

 

f:id:seiichiroslibrary:20160724151913j:plain

 


♪Interview with Luigi La Rocca and Krystal♪

 

Q
What is the most important thing that you want to communicate to listeners through this song?
A
Luigi : Black Satellite is about negative thoughts. Its about a black satellite that is sending you transmissions of negativity from space. 

 

Q
For that , how did you try to make these songs?
Please teach me from the perspective of music , lyrics and artwork.
A
Luigi : The image of a black satellite came into my mind 8 years ago. I used to write about it because I would see it before I went to sleep at night. When I closed my eyes before sleeping I would see this image in my mind and I thought it was my way of explaining the evil in the world. Maybe us humans try to be good but there is something evil out there that effects us.

 

Q
Why did you choose Dénudés as your band name?
A
Luigi : When I was a young kid I discovered the band Les Rallizes Dénudés. They are a Japanese sound and avant garde band from the 70's. This band influenced me a lot and the word "Dénudés" always was very beautiful to me. It was in my mind for years and when I decided to start this project with my girlfriend it was the first word that came out of my mouth when we decided to name our band. 
We do not try to sound like Les Rallizes Dénudés it was just a word that I thought was extremely beautiful and to me had a lot of meaning. 

 

Q
What is the theme you are looking for through making music?
A
Krystal : Dénudés is dark themed. Our image is of BDSM and bondage. We like fetishism and we wanted to incorporate that into our sound. We want to celebrate the things people usually try to avoid. We do not believe positivism is the only way. We believe in the yin yang. Sexuality, the unknown, obstacles, and mortality. We want you to feel the human condition.

 

Q
Who inspire you?
A
Musically it is Le Butcherettes, At the Drive In, Bauhaus, The Cramps, Christian Death, New Order, the list goes on and on. 

 


♪ Luigi La Rocca and Krystalへのインタビュー♪

 

Q 
この作品で一番伝えたいことはどんなことですか?
A
Luigi : Black Satellite(黒い衛星)はネガティブな思想についてのもの。Black Satelliteは、宇宙から君へのネガティブさを伝達している。

 

Q 
それを実践するために、どのように作りましたか?
A
Luigi : Black Satelliteのイメージは8年前に思い浮かんだ。それについてよく書いたものだよ。というのも、俺はそれを夜寝る前によく見たからね。寝る前に目を閉じれば、頭の中にこのイメージが見えたものだ。そしてそれは、悪魔を説明するための俺なりの方法なんだって思った。おそらく、俺ら人間は良くあろうとする、でも俺らに影響を与える邪悪な何かもそこから外にでている。

 

Q
Dénudésをバンド名にしたのは何故ですか?
A
Luigi : 俺がまだ子供の頃、Les Rallizes Dénudés(裸のラリーズ)ってバンドを発見したんだ。彼らは70年代の日本のサウンドで、前衛的なバンドだ。このバンドは俺にとっても影響を与えた。それから、"Dénudés" って言葉が俺にとってはとても美しく感じられたんだよね。この言葉がずっと頭の中にあって、ガールフレンドと一緒にこのプロジェクトを始めようと思った時さ、まず俺らのバンド名を決めようって時、最初に俺の口から出たのがこの単語だったんだ。ただし、サウンドをLes Rallizes Dénudésのようにしようと思ったわけではなくて。俺にとってその単語が美しく、多くの意味を持っていたんだ。

 

Q
探求している音楽のテーマは何ですか?
A
Krystal : Dénudés はダークがテーマ。私達のイメージはBDSMとボンデージ。フェティシズムを好むし、それを音にも反映させたいのよ。人々が避けるようなことを我々を奨励するのよ。ポジチヴィズムだけが方法だとは思わない。陰陽を信じてる。性的関心、未知のもの、障害、死ぬべき運命。そのような人間の境遇を感じてもらいたいのよ。

 

Q
誰に影響を受けていますか?
A
音楽的には、 Le Butcherettes、 At the Drive In、 Bauhaus、 The Cramps、 Christian Death、 New Order、リストはまだまだ続くね。

 

 

 

Thank you for reading.If you like , please share.

Please follow SEI LIBRARY on Instagram/Twitter that inform posting new article to you.

 

 


All rights reserved.
転載不可

BUTTECHNO

f:id:seiichiroslibrary:20160703162745j:plain

Buttechno live in Shibuya
24 June 2016


♪Profile♪

BUTTECHNO aka Pavel Milyakov

Moscow,RUSSIA
https://soundcloud.com/buttechno


♪Music♪

Gosha Rubchinskiy s/s 16 soundtrack
https://soundcloud.com/buttechno/gosha-rubchinskiy-ss-16-soundtrack

f:id:seiichiroslibrary:20160703162451p:plain


♪Photos by Kojiro Mori♪

f:id:seiichiroslibrary:20160703161237j:plain

f:id:seiichiroslibrary:20160703161121j:plain

f:id:seiichiroslibrary:20160703161245j:plain

f:id:seiichiroslibrary:20160703161409j:plain

f:id:seiichiroslibrary:20160703161911j:plain

f:id:seiichiroslibrary:20160703162146j:plain

f:id:seiichiroslibrary:20160703161320j:plain

f:id:seiichiroslibrary:20160703171207j:plain

f:id:seiichiroslibrary:20160703161050j:plain

f:id:seiichiroslibrary:20160703161059j:plain

@jiromorri on Instagram 

 

Follow SEI LIBRARY on Instagram/Twitter.

 


All rights reserved.
転載不可

SWMRS

f:id:seiichiroslibrary:20160213135931j:plain

SWMRS – DRIVE NORTH 

 

 

Hi

 

I introduce Swmrs first album by their short interview and my long review titled ‘CONCEPT OF THE UNCOOL’.I wrote about Swmrs philosophy , Californian young musicians , Hedi Slimane in this article. 

I hope you enjoy and check their music.

 

SWMRSのファーストアルバムを彼らの短いインタビューと、’UNCOOLの概念’と題した私の長いレビューで紹介します。この記事では、SWMRSの哲学から、カリフォルニアの若いミュージシャン達、Hedi Slimaneについて語っています。

楽しんでいただき、彼らの音楽を聴いてみていただければと思います。(日本語バージョンは後半となります。)

 

Regards,

SEI

 

 

♪Music♪

 

SWMRS - Figuring It Out (Official Music Video) - YouTube

 

Drive North

https://itunes.apple.com/us/album/drive-north/id1056692714

http://burgerrecords.11spot.com/swmrs-drive-north-cassette-pre-order.html

 

 

♪Profile♪

 

Member

Joey Armstrong

Cole Becker

Max Becker

Seb Muelle

 

From Oakland California

 

HP  http://swmrs.com/

f:id:seiichiroslibrary:20160213154417j:plain

Photo By Steve Rowe 

He documents SWMRS.

swmrs | steve rowe

 

 

SWMRS Article Archive

 

On The Road

http://seilibrary.hatenablog.com/entries/2016/02/13


About David Bowie
http://seilibrary.hatenablog.com/entries/2016/01/17


About Like Harry Dean and Hedi Slimane
http://seilibrary.hatenablog.com/entry/2015/07/20/104016

 

 

♪Interview with Max Becker♪

 

Q

What is the most important thing that you want to communicate to listeners through this?

A

We want people to know that you don't have to live in LA to be successful. Be proud of where you're from.

 

Q

For that , how did you try to make these songs?

A

We wrote these songs because of ideas that Cole and I came across over the course of a year or two. From there, melodies come, we finish the chords and words, and then bring to Joey and Seb.

 

Q

Who inspire you in these days?

A

I am very inspired by Cage The Elephant. I think they're very successful and they have street cred, that's the dream..

 

Q

What is the news from you to the viewers?

A

We're real people and no one will ever be able to control our career except for us.

 

f:id:seiichiroslibrary:20160111132236j:plain

Max Becker

Saint Laurent Paris Men's Spring Summer 2016
Source
 http://www.vogue.co.uk

 

 

 ♪CONCEPT OF THE UNCOOL♪

Written by SEI
Translated by Alex Herdman

 

SWMRS ‘Drive North’ is the most important punk album since the 2002 release of The Libertines ‘Up The Bracket’. The latter’s releases let loose the impulses of their listeners, pressing them to action, whereas the former asks about the values that form the reasons for the listener’s actions.

 

In the chorus of the titular song of the album, ‘Drive North’, they repeat “I hate Los Angeles”. However, they don’t actually seem to hate LA. In fact, at the end of the song, there’s a shout, “I actually really like LA!”, followed by a denial of that feeling. So why the denial about LA? Of course, they aren’t really in denial about the city or its people. To begin with, is LA something of symbol?

 

It’s a symbol of success in a capitalist society, and a role model of cool. LA is home to luxurious living, and it’s celebrity culture that most embodies that life. Now young people the world over aspire to LA celebrity life, and to imitating it. However, SWMRS are not attacking the cool that LA symbolizes. They’re denying themselves an easy role model of cool to follow.

 

They can’t help but claim to deny it. So, instead of denying LA’s coolness, what values are they suggesting instead? That would be ‘Drive North’. It points us at Oakland, their hometown, north of LA. Are they trying to tell the listener whether Oakland is cooler than LA? Of course not. In which case, it’s a different place, but the same values. So what is it then, that Oakland symbolises?

 

The answer to that can be found in the message Max conveyed through the album.


‘Be proud of where you’re from.’

 

Oakland represents each listener’s place of origin. In other words, their claim is that we all have a ‘North’ of our own we should aim for.

 

Max also told me about his fashion style earlier:

 

‘We started wearing larger shirts and we tuck them in, most of us wear tight black jeans or light 501 jeans. It is a combination of northern / Southern California style that not many people have. We're proud of it.’

In the north you’ve got Oakland, and to the south you have LA. In short, you don’t have to stick with the culture of the place that you’re from. In other words, you can know the north, and know the south, and then choose your own style.

 

This is a punk album that gets the listener to ask themselves about their own values in a world where the answers to life are presented.

 

Is the cool that is presented by the market the right answer for you though? I wonder where it is that you came from? (and what your religion is? ethnicity is? or region?)

Beyond those  are there any values in this world that resonate with you on a more global basis?

And beyond time and space, is there any particular era’s ideas that resonate with you?

 

Then, bringing those answers together, they ask their listeners, what values are you actually going to live by?

 

In order to draw out the answer, we must each individually consider and think about this. Furthermore, even after desperate consideration your answer, unfortunately, is bound to be uncool. With LA positioned as the center of cool, your answer is then positioned as uncool.

 

In the lyrics of the song ‘Uncool’, whether they’re saying ‘fool’ or ‘cool’, it isn’t actually a contradiction. We’re not fool enough to accept the values of cool. If you accept this, ‘I’d rather be uncool’ is what they’re really asserting.

 

The story doesn’t end here, though.

 

In 2016, this uncool became cool. Conversely, problems with ‘cool’ came to light.

 

In the Saint Laurent Paris 2016SS Surf Sound Collection, Hedi was able to achieve this paradigm shift.

 

In the 2010s, California’s youth was making its own culture. They weren’t interested in mainstream modern cool. Instead, they saw it as uniform and inhuman. They instinctively saw through it as a kind of modern day propaganda. Then they set about finding out what cool really is for them. It was old fashioned, like the rock, punk, jazz and surf culture of the 60s and 70s. In their culture, modern cool has been eliminated, and there is a human touch of individuality and community instead.

 

In new Californian youth culture, the fashion, as well as music, is individualistic. Their thinking is expressed through their fashion.

 

Rexx buys clothes from vintage shops in Orange County, and wears Forever 21 skinny jeans. Of course, these are the skinny jeans that Hedi invented over a decade ago. Before Hedi returned to Saint Laurent, skinny jeans had become obsolete. Rexx, with secondhand clothing and fast fashion, clothes that are the opposite of cool, expresses a new set of values. He, in combination with those clothes, is representing good old punk and surf culture. Hedi himself said that he was inspired by his fashion. I heard this directly from Rexx.

 

Also in the California area, Swmrs, Melissa Brooks, Mothership Psychosis and The Dead Beat all use old clothes and cheap clothes to create unique styles that convey their beliefs.

 

However, the personality of each youth has been alienating by the sophisticated fashion of the mainstream. Youth was just a marketing target. Hedi grasped as a single large movement, the unique and separate actions of youth trends. In addition, this movement is, as Kurt Cobain and Peter Doherty said, not established around any one person’s charisma, but rather, it is each individual personality gathered together that makes it a movement. And so he positioned this movement of historical punk and surf in the flow of alternative culture. This new culture has been established by each person’s individuality. It is the individual thoughts, expression and actions of youths, therefore, that leads to the overall development of culture. In other words, Hedi is redefining the role and position of the individuality of alienated youth.

 

Furthermore, Hedi, using the Saint Laurent brand, positioned Californian youth’s ‘uncool’ in the fashion mainstream. He has carefully rebuilt the youth style of California with all the craft of a Parisian atelier. However, it wasn’t polished, and it wasn’t modernized. Instead, much like Kurt with sunglasses, it was tied to the culture of the past. As a result, the digital age once again has clothing with a human touch, something previously lost. The outfits are much too expensive for the models who participated in the show. But that didn’t matter. The important thing is that the diversity of youth is positioned as mainstream fashion. Rather than the brand name or its pricing, it was their values that were greatly enhanced. Thus, youth, even while dressed in the same cheap clothes as always, are able to have their values recognised and understood by the world.

 

On the other hand, Hedi, in the same way as these youths, redefined the position and role of Yves Saint Laurent. Before Hedi came along, the brand wasn’t the target of youthful aspirations, and wasn’t mainstream either. With only influence remaining, it had been buried in the history of fashion. He’s returning to the founder's philosophy with the Ready To Wear brand aimed at youth, bringing Saint Laurent Paris back to life. Old fashioned, traditional industrial arts alongside atelier techniques and culture are once again the target of youth aspirations. Having recognized its value, they began to think that they’d want to get really good things for themselves someday. This has once again brought confidence and work worth doing to those working in the famous fashion house.

 

The true nature of Hedi is something that has celebrities and idols wearing Saint Laurent outfits in a copycat manner without actual understanding. It can’t be reached by Kanye and Adidas’ rare shoe collaboration, and it can’t be reached by Supreme’s very exclusive clothing. In the end, there is a correct answer to ‘cool’, and there is value in aiming for it. Individuality is the antithesis of homogeneity. What is the creed of Californian youth that counters modern propaganda? Expressed in other words, what is the philosophy that Hedi has positioned at the core of the fashion industry?

 

It is not new. They are ideas we now take for granted and had started to forget. And it’s a very human and relatable thing.

 

That thought, backed by a great wise man, Peter Ferdinand Drucker, and placed at the core of the concept of personal responsibility, is ‘freedom’.


Glorification of that diversity of individuality, ‘freedom’, is most strongly set forth in the Surf Sound Collection. Hedi chose the music of SWMRS for that show to embody individuality. The message the show conveys, via the internet to people all over the world, is ‘take the style you have and make it into the next movement’.

 

 

PS

 

Thank you for reading long article.

If you like this, please share.

 

I was inspired by Californian young band, The Dead Beat , when I wrote this. You can check their interview in archive of my blog

 

I know who embody FREEDOM besides Californian youth.

Who are IDOL MUSIC . SAP , HIGH TYDE in the UK. I recommend them.

 

And I really appreciate Max Becker and Alex Herdman who is translated this article.

 

I had met Alex at Fuji Rock Festival a decade ago when we were waiting the Strokes. He is so talented and my best friend. He understands my thinking and supports me,

 

I like his essay of David Bowie.

Please check.

http://seilibrary.hatenablog.com/entry/2016/01/17/111313

 

Regards,

SEI

 

 

 

♪Max Beckerへのインタビュー♪

 

Q

この作品で一番伝えたいことはどんなことですか?

A

僕らは人々に、成功するためにLAに住まなくたっていいんだよっていうのを人々に伝えたいんだ。みんなには自らの出自に誇りを持って欲しいね。

 

Q

制作ではどこにこだわりましたか?

A

この1~2年の中で、Coleと僕が思いついたアイディアを受けて、曲を作っていった。そこからメロディがやってきて、コードと言葉を完成させて、JoeyとSebのところに持っていったんだ。

 

Q

最近では誰に影響を受けていますか?

A

Cage The Elephantにとてもインスパイアされている。彼らはとても成功しているように思う。彼らには人々からの信頼がある。それこそが夢だね。

 

Q

ブログを見ている方々へメッセージをお願いします。

A

僕らはリアルな人間だ。誰一人として、僕らを抜きに、僕らのキャリアをコントロールすることはできないよ。

 

 

♪UNCOOLの概念♪

Written by SEI

 

2002年にThe Libertines’Up The Bracket’をリリースして以来、SWMRSによる’Drive North’は最も重要なパンクアルバムである。前者はリスナーの衝動を解放し、彼らに行動を促したのに対して、後者はリスナーの行動の前提となる価値観そのものに問いかける。

 

アルバムの表題曲である’Drive North’のコーラスで、彼らは”I hate Los Angeles”と繰り返す。しかし、彼らはLAが嫌いではないはずだ。実際、曲の終盤で、”I actually really like LA”とシャウトがあり、続いてその気持ちを否定している。では、彼らがLAを否定するのはなぜか? もちろん都市や住む人々を否定しないはずだ。では、そもそもLAが象徴するものとは何か?

 

それは資本主義社会における成功の象徴、COOLロールモデルである。LAにはラグジュアリーな生活、そして、その生活を体現するセレブカルチャーがある。今や、世界中の若者がLAのセレブに憧れ、真似をする。ただし、SWMRSLAが象徴するCOOL自体を攻撃しているのではない。彼らは、COOLロールモデルを安易に追いかけることを否定しているのだ。

 

否定は主張にはならない。では、彼らはLACOOLを否定する代わりにどんな価値観を提示しているのか? それは’Drive North’である。NorthとはLAから北にある彼らの出身地Oaklandを指している。リスナーに対して、LAよりもOaklandCOOLだと伝えているのか? もちろん違う。それでは、場所が違うだけで同じ価値観である。では、Oaklandは何を象徴しているのだろうか?

 

その答えはMaxのアルバムに込めたメッセージから理解できる。

 

“Be proud of where you're from. “

「自分の出自に誇りを持って欲しいんだ」

 

Oaklandはリスナーそれぞれの出身=原点を指しているのだろう。つまり彼らの主張は、自分自身の’North(原点)を目指せということである。

 

また以前、Maxは彼のファッションスタイルについて以下のように教えてくれた。

 

We started wearing larger shirts and we tuck them in, most of us wear tight black jeans or light 501 jeans. It is a combination of northern / Southern California style that not many people have. We're proud of it.

「大きなシャツを、タイトなブラックジーンズや薄色の501のリーバイスにタックインすることから始まってて。それって、北と南カリフォルニアのスタイルの組み合わせでもあって、そんなにみんながやっているものではないんだ。(だから、その着こなしに)誇りに感じているよ」

 

北はOakland、南はLAを指しているのだろう。つまり彼は、出身のカルチャーだけに固執しているわけではない。つまり、北を知り、南を知り、それから自分自身のスタイルを選んでいる。

 

人生の答えが提示されている世界において、この作品はリスナーの価値観そのものに問いかけるパンクアルバムである。

 

市場で提示されるCOOLはあなたにとっての正解なのだろうか?

あなたはどこから来たのだろうか?(あなたの宗教とは? 民族性とは? 地域性とは?) それらを超え、あなたはグローバルな世界のどの価値観に共鳴するのか? 時空を超え、あなたはどの時代の理念に共鳴するのか?

そして、それらの答えを総合して、あなたは何に価値をおいて生きていくのか?をリスナーに問いかけているのである。

 

この答えを出すために、我々は1人1人が学び、考えなくてはならない。しかも、必死に考えたあなたの答えは、残念ながらUNCOOLだろう。LACOOLの中心に位置しているからには、あなたの答えはUNCOOLと位置づけられる。

 

’UNCOOL’という曲の歌詞、FOOLでもCOOLでもいたくないとの主張は矛盾していない。俺らはCOOLの価値観を受け入れるほどFOOLではない。それを受け入れるなら、俺はむしろUNCOOLでいたいという強い意思表示である。

 

話はこれで終わらない。

 

2016年、このUNCOOLCOOLとなった。逆に、COOLの持つ問題が明るみに出た。

 

Saint Laurent Paris 2016SS Surf Sound Collectionにおいて、Hediはこのパラダイムシフトを実現した。

 

2010年代、カリフォルニアのユースは、独自のカルチャーを作っていた。彼らはモダンなCOOLのメインストリームには興味がなかった。むしろ彼らには、それらが画一的で無機質なものに見えた。それらが現代のプロパガンダであることを本能的に見抜いていた。そして、彼らにとって本当にCOOLなものを見つけだした。それは60-70sのロックやパンク、ジャズそしてサーフといった時代遅れのカルチャーだった。それらのカルチャーには、現代のCOOLが排除した、ヒューマンタッチな個性やコミュニティがあった。

 

新しいカリフォルニアのユースカルチャーにおいて、音楽と同様、彼らのファッションも個性的だった。彼らの思想をファッションが表現していた。

 

REXXOrange Countyのヴィンテージショップで服を買い、FOREVER21のスキニージーンズをはいている。もちろん、このスキニージーンズはHedi10年以上前に発明したものだ。HediSaint Laurentに復帰する前には、スキニージーンズも時代遅れになっていた。REXXは、古着とファストファッションという、COOLとは対極の服で、新しい価値観を表現していた。彼は、それらの服を組み合わせて、古き良きパンクとサーフカルチャーを表現した。Hediは彼のファッションにインスパイアされたと彼自身に伝えたそうだ。これは実際にREXXから私が直接聞いたものだ。

 

他にも、カリフォルニア周辺には、SWMRSMellisa BrooksMothership PsycosisThe Dead Beatらが、古い服や安い服を使って、それぞれの信条を発信する個性的なスタイルを作り上げている。

 

しかしながら、それぞれのユースの個性は、洗練されたファッションのメインストリームから疎外されていた。ユースはマーケティングの対象でしかなかった。

 

Hediは、個性的であるがゆえに個別に活動しているユースの動きを、ひとつの大きなムーブメントとして捉えた。また、このムーブメントが、Kurt CobainPeter Dohertyといった、一人のカリスマを中心に成立しているのではなく、一人一人の個性が集合としてムーブメントを作っていることも見抜いた。そして、彼はこのムーブメントを、歴史あるパンクとサーフという、オルタナティブカルチャーの流れに位置づけた。この新しいカルチャーは、一人一人の個性によって成立している。それゆえに、ユースそれぞれが考え、表現するという個人的な行為そのものが、カルチャー全体の発展につながる。つまりHediは、疎外されたユースの個性の位置と役割を再定義したのだ。

 

さらにHediは、Saint Laurentというブランドを使い、UNCOOLの集合であるカリフォルニアのユースカルチャーを、ファッションのメインストリームに位置づけた。彼は、カリフォルニアのユースのスタイルを、パリのアトリエの技術で丁寧に再構築した。ただし、洗練させなかった、モダナイズもさせなかった。その代わりに、Kurtのサングラスなど、過去のカルチャーとひもづけた。その結果、デジタルエイジが失ったヒューマンタッチな服が揃った。ショーに参加したモデル達がコーディネートで揃えるにはあまりに高かった。しかし、それは問題ではなかった。重要なのは、ユースの多様性が、ファッションのメインストリームとして位置づけられたことであった。ブランド名や金額の高さはむしろ、その価値を一層高めるものであった。こうしてユースは、いつもと同じ安い服に身を包みながらも、彼らの価値観が認められていることを知った。

 

一方、Hediはユース同様に、Yves Saint Laurentというメゾンの位置と役割を再定義し、復活させた。Hediが来る前の、同ブランドはユースの憧れの対象ではなかった、メインストリームにもいなかった。権威だけが残り、ファッションの歴史に埋もれかけていた。彼は創業者の理念に立ち返り、Ready To Wearをユースのためのブランドと位置づけ、Saint Laurent Parisとして再生した。時代遅れな伝統工芸となりかけていたアトリエの技術や文化が再び、ユースの憧れの対象となった。ユースはその価値を認め、いつかは本当に良い物を手に入れたいと思うようになった。このことは、メゾンで働く人々に再び、自信とやりがいをもたらしたはずだ。

 

一連のHediの行動の本質は、セレブやアイドルが着ているSaint Laurentのコーディネートを真似しても理解できない。あるいは、Kanye Westadidasの希少なコラボレーションシューズを手に入れても、Supremeの限定服を手に入れても到達できない。それらは結局、COOLの正解があり、それを目指すという価値観である。個性とは対極の同質化である。

 

カリフォルニアのユースが現代のプロパガンダに対抗する際の信条とは何か? 言い換えるならば、Hediがファッション業界の中核に位置づけた理念とは何か? 

 

それは新しくはない。あまりにも当然になり、忘れられかけつつある理念である。しかもそれは、もっとも人間的で、共感できるものである。

 

その思想とは、現代最高の哲人、Peter Ferdinand Druckerが思想の中核に据えた概念、個人の責任に裏打ちされた、自由である。

 

個性の多様性という自由への賛美をもっとも強く打ち出したのが、Surf Sound Collectionであった。そのショーのBGMに、Hediは個性を体現するSWMRSの音楽を選んだ。インターネットを経由して、ショーを見る世界中の人々に対して、あなたがスタイルを持つことが、次のムーブメントを作るんだよというメッセージであるかのように。

 

 

追記

 

とても長い記事を読んでいただきありがとうございます。

もし気に入っていただければ、シェアしていただければ幸いです。

 

私はこの記事を書く際、The Dead Beatに影響を受けました。彼らのインタビューもアーカイブよりご覧ください。

 

FREEDOMを体現する人々はカリフォルニアのユース以外にもいます。

イギリスのIDOL MUSIC 、SAP 、 HIGH TYDE です。彼らもおすすめします。

 

それから、Max BeckerとAlex Herdmanには本当に感謝しています。

 

Alexとは10年前、Fuji Rock FestivalThe Strokesのライブで出会いました。才能にあふれ、音楽を愛する最高の友人です。彼はいつも僕の考えを理解し、サポートしてくれています。

 

David Bowieについての彼のエッセイも最高です。

ぜひご覧ください。

http://seilibrary.hatenablog.com/entry/2016/01/17/111313

 

SEI

 

 

Follow SEI LIBRARY on Instagram/Twitter.

 

 

All rights reserved.

転載不可

THE DEAD BEAT

f:id:seiichiroslibrary:20160423180216j:plain

 The Dead Beat - The Dead Beat (LP)

 

I introduce Californian young band,The Dead Beat.
Their 1st LP is produced by Randal of Mothership Psychosis.
So production is also really good.

I like Mothership Psychosis and The Dead Beat , because they embody ‘FREEDOM’.
I am going to post the long article about Achievement of Californian Rock Movement through Swmrs album review on my blog. Please wait.

If you like ‘Another Girl,Another Planet’ by The Only Ones, You should listen to ‘ Luck of Three Fools’ by The Dead Beat as soon as you can.

 

カリフォルニアの若いバンドThe Dead Beatを紹介します。
彼らの最初のLPはMothership PsychosisのRandalがプロデュースしているから、プロダクションもすごくいいです。

僕はMothership PsychosisとThe Dead Beat が自由を体現しているところが気に入っています。
今後、このブログにて、カリフォルニアロックムーブメントの功績についての長い記事をSwmrsのレビューを通して紹介する予定なので、しばしお待ちください。

もし、あなたが The Only Onesの‘Another Girl,Another Planet’ を好きならば、すぐにでもThe Dead Beatの‘ Luck of Three Fools’ を聞いたほうがいいです。

SEI

 


♪Music♪

The Dead Beat
 https://soundcloud.com/the_dead_beat


♪Profile♪

Jacob Banks - Vocals/Guitar
Max Varley - Bass
Brandon Browning - Drums
Carlsbad, California United States
All members are 20 years old.

They had started this band in 2014.
But they have been playing for about 10 years.

f:id:seiichiroslibrary:20160423181002j:plain

f:id:seiichiroslibrary:20160423181010j:plain

Photos by Marcos Pacheco

 

♪Interview♪

Q
What is the most important thing that you want to communicate to listeners through this?
A
JACOB: Emotion. I feel like a lot of the newer genres of music have lost touch with the raw emotional power that the older generations had. I want to bring that back to attention: powerful emotional responses through simple phrases of music.

 

Q
For that , how did you try to make these songs?
Please teach me from the perspective of music , lyrics and artwork.
A
JACOB: a lot of the lyrics in our LP deal with me when I was going through hard times in my life and how they contrasted heavily with my surroundings ; the melody will sound happy but the lyrics themselves are a little more morose or melancholy. The Dead Beat sound I feel is characterized by simple, punchy guitar rhythms syncopated by jazzy punk drums and fluid bass melodies, I think they work well together. The artwork is a sort of mix of trashy punk aesthetic mellowed by the southern Californian beaches, I call it pastel punk.

 

Q
What is the theme you are looking for through making music?
A
MAX:Having fun and enjoying life, accepting the bad times and believing in the good.

 

Q
Why did you name The Dead Beat as a band name?
A
MAX:Because we want to bring together all of our influences, which are a lot of musicians and genres that are mostly 'dead' to our generation.

 

Q
Who is artist inspire to you?
Or what song inspire to you?
A
BRANDON:I'm really inspired by the old jazz drummers like Buddy Rich and Art Blakely. I try to work some of those interesting patterns into my own drumming. Jacob and I really love Billie Joe Armstrong's songwriting too. I think his music helped both of us through a lot growing up. Also, newer, fun, garage-y stuff like FIDLAR and our friends SWMRS, who I came to know through Hedi and Saint Laurent this past summer in Paris.

Note:You can listen especially to his great drum performance in last song of this LP,outro ‘Gonzo’.

MAX:The Clash and The Beatles. Neither of those groups were afraid to push the boundaries of originality, and they weren't content to spend their careers making similar sounding music, reusing the same style.

 

Q
What is the theme of your fashion style?
For that, how did you form your style ?
A
BRANDON: A little eclectic. Punk rock meets Southern California beach rat I guess. Jacob likes to call it pastel punk and I think that fits pretty damn well. We've always found most of our clothes in thrift stores along the coast. I really love the clothes and looks that Hedi has been creating lately for Saint Laurent too. I feel like they have a some of that same vibe, and I think that's really cool. I'm glad to be a part of everything he's doing.

 

SAINT LAURENT AT THE PALLADIUM

f:id:seiichiroslibrary:20160423180935j:plain

Source http://www.vogue.co.uk


♪インタビュー♪

Q 
この作品で一番伝えたいことはどんなことですか?
A
JACOB:感情。最近の新しいジャンルの音楽が失ってしまった、古い世代が持っていた、生々しい感情的な表現が好きなんだ。音楽のシンプルなフレーズを通して、力強く、感情的な反応っていうのを呼び戻したいんだ。

 

Q 
それを実践するために、どのように作りましたか?
A
JACOB:LPの歌詞の多くは、僕が人生のなかで過ごした辛い時や、どんなにそれらが僕のまわりと対照的にヘビーなものだったかっていうのを扱っている。メロディーはハッピー鳴っているんだけど、歌詞自体は不機嫌でメランコリーなんだ。The Dead Beatのサウンドは、シンプルさ、力強いギター、ジャジーなパンクドラムによるシンコペートされたドラム、そして流れるようなベースのメロディーが相互に作用しあって形作られている。アートワークはトラッシーなパンクと南カリフォルニアのビーチによるメロウな美学のミックス。僕はそれをパステルパンクと呼んでいるよ。

 

Q
探求している音楽のテーマは何ですか?
A
MAX:(人生を)楽しんでもらうこと、人生を楽しく過ごすこと。悪い時間も受け入れ、よいことを信じること。

 

Q
The Dead Beat をバンド名にしたのは何故ですか?
A
MAX:なぜなら影響のすべてを持ち込もうとしたから。影響を受けた、たくさんのミュージシャンやジャンルは僕らのジェネレーションにはほとんど死んだようなものだったからね。

 

Q
影響を受けたアーティストは誰ですか?
A
BRANDON: Buddy RichやArt Blakelyといった古いジャズのドラマーに影響を受けている。それらの興味深いパターンを自分独自のドラムに取り入れようとしているよ。Jacobと僕は Joe Armstrongのソングライティングも好きなんだ。彼の音楽が僕らの成長を助けてくれたよ。そしてまた、より新しい、楽しいガレージ、FIDLARや友達のSWMRSだね。昨年の夏、パリのSaint LaurentのショーでSWMRSを知ったんだ

*サーフサウンドコレクションに彼は、モデルとして出演している)。
*彼の素晴らしいドラムパフォーマンスは特にLPの最後の曲、’GONZO’で楽しむことができる。

MAX:The ClashThe Beatles。どちらのグループもオリジナリティの境界線を押し広げることを恐れなかった。そして彼らは、同じような音楽を鳴らしたり、同じスタイルを再利用したりするキャリアに満足しなかった。

 

Q
ファッションのテーマを教えてください。
A
少しエレクトリックなもの。パンクロックが南カリフォルニアのビーチラットに出会ったような。Jacobはそれをパステルパンクと呼ぶんだ。その表現すごくあってると思う。僕らはコースト沿いにある古着屋にて服のほとんどは見つけてる。Saint LaurentのためにHediが作っている、服やルックスも好きだ。それらは僕らと同じヴァイブを感じるし、本当にクールだと思う。彼がやっていることの一部になれてとても嬉しかったね。

 

Follow SEI LIBRARY on Instagram/Twitter.

 


All rights reserved.
転載不可