Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Dénudés

f:id:seiichiroslibrary:20170414233850j:plain

Dénudés
Live At Shinjuku Live Freak
2017-3-24

 

♪Profile♪

Luigi Toni La Rocca - Guitar, Vocal 
Krystal Andreu - Bass
Eddie "Spaghetti" Moreno - Guitar
Anthony Genovese - Drums
Miami, Florida
http://www.denudesofficial.com/


♪Music♪

楽しさの無駄 (Waste of Fun) EP 

https://denudes.bandcamp.com/album/waste-of-fun-ep

f:id:seiichiroslibrary:20170414231755j:plain


♪Past Articles♪

About Black Satellite
http://seilibrary.hatenablog.com/entry/2016/07/24/152633


♪Photos by SEI♪

f:id:seiichiroslibrary:20170414232314j:plain

f:id:seiichiroslibrary:20170414232418j:plain

f:id:seiichiroslibrary:20170414232332j:plain

f:id:seiichiroslibrary:20170414232526j:plain

f:id:seiichiroslibrary:20170414232539j:plain

f:id:seiichiroslibrary:20170414232544j:plain

f:id:seiichiroslibrary:20170414232930j:plain

f:id:seiichiroslibrary:20170414232611j:plain

f:id:seiichiroslibrary:20170414233011j:plain

f:id:seiichiroslibrary:20170414232653j:plain

f:id:seiichiroslibrary:20170414233220j:plain

f:id:seiichiroslibrary:20170414233156j:plain

f:id:seiichiroslibrary:20170414232707j:plain

f:id:seiichiroslibrary:20170414233251j:plain

f:id:seiichiroslibrary:20170414233244j:plain

f:id:seiichiroslibrary:20170414233231j:plain

f:id:seiichiroslibrary:20170414233309j:plain

f:id:seiichiroslibrary:20170414233322j:plain

f:id:seiichiroslibrary:20170414233335j:plain

f:id:seiichiroslibrary:20170414233352j:plain

f:id:seiichiroslibrary:20170414234300j:plain

f:id:seiichiroslibrary:20170414233433j:plain

f:id:seiichiroslibrary:20170414234546j:plain

f:id:seiichiroslibrary:20170414234344j:plain

♪Special Thanks♪

Shinjuku Live Freak
Minoru
Mana


♪SEI Photo Library♪

Baby Shakes 2017-3-17
http://seilibrary.hatenablog.com/archive/2017/04/01

Boys Age 2016–2-14
http://seilibrary.hatenablog.com/entry/2016/02/20/191340

Mean Jeans 2015-9-14
http://seilibrary.hatenablog.com/entry/2015/09/19/193743

Boys Age 2015-7-31
http://seilibrary.hatenablog.com/entries/2015/08/01

The Black Lips 2015-6-15
http://seilibrary.hatenablog.com/entry/2015/06/21/113813

 


Thank you for reading.If you like , please share.
Please follow SEI LIBRARY on Instagram/Twitter that inform posting new article to you.

読んでいただきありがとうございます。
気に入られましたら、ぜひシェアお願いします。ツイッターとインスタグラムで、SEI LIBRARYのフォローをお願いします。ブログの更新をお伝えしております。

 

SEI LIBRARY INSTAGRAM
https://www.instagram.com/seilibrary/

All rights reserved.
転載不可

BABY SHAKES

f:id:seiichiroslibrary:20170401230438j:plain

Baby Shakes Live At Shimokitazawa Shelter
2017-3-17

 

♪Profile♪ 

Mary - lead vocals/guitar
Judy - lead guitar/vocals
Claudia - bass/vocals
Ryan - drums
From New York
http://baby-shakes.squarespace.com/

 

♪Music♪


TURN IT UP(LP)
http://www.recordshopbase.com/coming2599.html

f:id:seiichiroslibrary:20170401230533j:plain

 

♪Photos by SEI♪

f:id:seiichiroslibrary:20170401230646j:plain

f:id:seiichiroslibrary:20170401231233j:plain

f:id:seiichiroslibrary:20170401230727j:plain

f:id:seiichiroslibrary:20170401231325j:plain

f:id:seiichiroslibrary:20170401231125j:plain

f:id:seiichiroslibrary:20170401230816j:plain

f:id:seiichiroslibrary:20170401231613j:plain

f:id:seiichiroslibrary:20170401231726j:plain

f:id:seiichiroslibrary:20170401231835j:plain

f:id:seiichiroslibrary:20170401231630j:plain

f:id:seiichiroslibrary:20170401231949j:plain

f:id:seiichiroslibrary:20170401232032j:plain

f:id:seiichiroslibrary:20170401232111j:plain

f:id:seiichiroslibrary:20170401232151j:plain

f:id:seiichiroslibrary:20170401232207j:plain

f:id:seiichiroslibrary:20170401232216j:plain

f:id:seiichiroslibrary:20170401232258j:plain

f:id:seiichiroslibrary:20170401232306j:plain

f:id:seiichiroslibrary:20170404233222j:plain

f:id:seiichiroslibrary:20170401232312j:plain

f:id:seiichiroslibrary:20170401232340j:plain

f:id:seiichiroslibrary:20170401232414j:plain

f:id:seiichiroslibrary:20170401232419j:plain

f:id:seiichiroslibrary:20170401232448j:plain

f:id:seiichiroslibrary:20170401232518j:plain

f:id:seiichiroslibrary:20170401232521j:plain

 

♪Special Thanks♪

Record Shop BASE
Shimokitazawa Shelter

 

♪SEI Photo Library♪

Boys Age 2016–2-14
http://seilibrary.hatenablog.com/entry/2016/02/20/191340

Mean Jeans 2015-9-14
http://seilibrary.hatenablog.com/entry/2015/09/19/193743

Boys Age 2015-7-31
http://seilibrary.hatenablog.com/entries/2015/08/01

The Black Lips 2015-6-15
http://seilibrary.hatenablog.com/entry/2015/06/21/113813

 


Thank you for reading.If you like , please share.
Please follow SEI LIBRARY on Instagram/Twitter that inform posting new article to you.

読んでいただきありがとうございます。
気に入られましたら、ぜひシェアお願いします。ツイッターとインスタグラムで、SEI LIBRARYのフォローをお願いします。ブログの更新をお伝えしております。

 

SEI LIBRARY INSTAGRAM
https://www.instagram.com/seilibrary/

All rights reserved.
転載不可

SAP

f:id:seiichiroslibrary:20170312125243j:plain

SAP - FEEL IT 

 

♪Music♪

FEEL IT (and other songs)
https://soundcloud.com/sapband
This song is available on iTunes and apple music⚡️

5AM
https://www.youtube.com/watch?v=DqCRK-dNYug

 

♪Profile♪

Angus McGuinness - lead vocal/guitar
Will Tyler - bass
Shane Keaney - drums
London 

 

♪Introducing Angus as a model♪

f:id:seiichiroslibrary:20170312162924j:plain

Just Cavalli Spring/Summer 2017 Resort Collection
http://www.vogue.co.uk/shows/spring-summer-2017-resort/just-cavalli/collection/

f:id:seiichiroslibrary:20170312163322j:plain

Rick Owens Autumn/Winter 2017 Menswear Collection
http://www.vogue.co.uk/shows/autumn-winter-2017-menswear/rick-owens/collection/

f:id:seiichiroslibrary:20170312163427j:plain

E Tautz Autumn/Winter 2017 Mens Collection
http://www.vogue.co.uk/shows/autumn-winter-2017-menswear/e-tautz/collection/

f:id:seiichiroslibrary:20160206113332j:plain

Saint Laurent Autumn/Winter 2015

http://www.vogue.co.uk/shows/autumn-winter-2015-menswear/saint-laurent/

 

♪Past Articles♪

About 5AM
http://seilibrary.hatenablog.com/entry/2016/02/06/113515

About David Bowie
http://seilibrary.hatenablog.com/entries/2016/01/17

 

♪Review♪

In response to my question at the beginning of last year regarding what he was in pursuit of through his music, vocalist Angus responded with one word, “Unpolished”. I was surprised by his answer though, because, to me, it looked like he was living a genuinely polished existence.

Angus is a handsome man, with well defined features, clear skin, and a slender body. He makes me think of a young David Bowie. He seems to be well brought up, and has an air of refinement about him. He also has a urban sophistication unique to people from London. He’s also been a model for Hedi, most recently appearing in Just Cavalli resort’s 2017 campaign, and he also performed for Rick Owens and E Tautz at the 2017-2018 AW Fashion Show.

In direct contrast to how he presents himself as model, the world view he expresses through his band is through dirty visuals, simple sounds, and subjects thrusted forth by the lyrics. They are all brought about as part of statement of ‘Unpolished’. It’s origin is from punk.

There’s a hint to the question of what ‘Unpolished’ is in ‘Feel It’. He rebels against the many bands that make more refined and easy to listen to music. I believe music can restore humanity, and that listeners are asked the meaning of humanity through music.

He is opening the hearts of listeners who are surrounded by too much over-refined music, and pushing back against it. It’s like he’s saying, “you’re fine as you are, being ‘Unpolished’ is okay, so dare to challenge the way you feel”. In this way, his defiance isn’t bound by some of the politics of punk, so it’s able to elicit empathy across both borders and economic frameworks. Which means the punk he creates can avoid being old-fashioned. Paradoxically, you could say that his ‘Unpolished’ statement and political punk really only works in this era of globalisation. It really is modern punk.

Nevertheless, he has been able to express 'Unpolished' in such a cool way up to now because of the beauty of nature, the urban sense he has as a Londoner, and punk derived aesthetics. For him, music appears to be a sincere obsession through which to set society and oneself face to face.

SEI
Translated by Alex Herdman

 

♪Special Interview With Angus♪

Q
What is the most important thing that you want to communicate to listeners through this?
A
It's about a guy who wants to make people around him feel bad about what they're doing in their lives to make him feel better about himself.
I’m not trying to really communicate anything through this, it's just how I see him.

Q
For that , how did you try to make the song?
A
Just to make everything as exciting as possible. To feel excited about playing the songs, to feel excited by the artwork. I write and create to simply get excitement out of it. Writing songs, I always, almost all of the time, write the melody first. Bass and drums being the most important to me. Lyrics most of the time are already written or will be done on the spot with a subject in mind.

Q
Who inspire you in these days?
A
Live performance is the main one for me. Seeing a band that makes me crave seeing them again. I like a lot of energy and grit. I find most music these days boring and just has no impact. It all just blends into one wishy washy indie... dreamy, synth boy band. I like seeing bands that aren't trying to be that group who just want to fit in. Ones that give it to the audience straight. That's what I'm inspired by.

 

♪Review♪

昨年の初め、”音楽を通して探求していることは何か?”との私からの問いに、ボーカルのAngusは”Unpolished.(洗練されていないこと)”とたった一言だけ答えた。私はその答えに驚いた。というのも、私にとって彼は、生粋のPolished(洗練された)存在に見えたからだ。

Angusは美しい男だ、整った顔立ち、透き通るような白い肌、細い身体は、若い頃のDavid Bowieを思い出せる。育ちがよいのだろう、品のよさも漂う。そしてまた、ロンドン出身ならではの都会的な洗練さも合わせ持っている。彼はモデルとして活躍しており、Hediのショーにも過去出演しているし、最近では2017年のJust Cavalliのリゾートキャンペーン、2017-18年AWのファッションショーでは、RICK OWENS、E.Tautzにも出演している。 そんなモデルとしての表現とは対照的に、彼がバンドで表現する世界観は、ダーティなビジュアルイメージ、シンプルなサウンド、突き放したような歌詞のサブジェクトで構成される。それらは、彼のステートメント’Unpolished’から生み出されている。その源流はパンクに由来する。

Unpolishedとは何か?の答えのヒントは、‘Feel It’である。彼は多くのバンドが洗練された耳ざわりのよい楽曲を作ることに反抗している。音楽に人間らしさを取り戻したいと思っているし、音楽を通してリスナーに人間性の意味を問いかけているのだ。彼は、洗練されすぎた音楽に囲まれて、息苦しさを感じていたリスナーの心を開き、背中を押す。まるで”お前はお前のままでいい。UnpolishedなままでOKだ。だから、感じるままにとにかく挑戦してみろよ”と言うように。このように彼の反抗は、ある種のパンクのような特定の政治性がないため、国境や経済的な枠組みを越えて共感を生んでいける。だから彼のパンクは時代遅れにならない。しかも逆説的に、’Unpolished’のステートメントは、グローバルな時代においてこそ機能する政治的なパンクとさえ言える。まさに現代のパンクである。

それでも’Unpolished’をここまでクールに表現できるのは、天性の美しさ、ロンドン出身の都会的なセンス、パンク由来の美学があってこそ。そしてまた彼にとって音楽とは、社会や自分自身に真摯に向き合うためのオブセッションでもあるのだろう。 SEI

 

♪Angusへのスペシャルインタビュー♪

Q
この作品で一番伝えたいことはどんなことですか?
A
普段の生活で人々がしていることに対して、奴自身の気持ちがよくなるために不快なことをするためについての曲だよ。正直言って、これを通して何かを伝えたいなんてことは本当にないんだ。ただどのように俺が彼を見てるかってことだけ。

Q
どんなところにこだわって作りましたか?
A
何もかもをできるだけエキサイティングなものにするってことだけ。曲を演奏することにエキサイトすること、アートワークによってエキサイトするってことだ。曲を作り上げるのは単純に、曲からエキサイトメントを手に入れるためだ。曲を書いている時、俺はいつだって、ほとんどの場合において、メロディーを第一に書く。それに、ベースとドラムスは俺にとって最も重要でもある。歌詞は大抵準備できているか、心の中にあるテーマとともに現場で書きあげるよ。

Q
最近、誰にインスパイアされますか?
A
ライブパフォーマンスからの影響が大きい。バンドのライブを見て、また彼らを見たいって思わせるようなライブがね。エナジーやグリット(闘志)が満ち溢れているのが好きなんだ。多くの音楽が最近では退屈で、衝撃もないように見える。すべてのバンドが、優柔不断なインディー、ドリミーなシンセボーイバンドへとひとつにまとまっているようになっている。そういったバンドになろうとしないバンドを見るのが好きなんだ。オーディエンスにストレートで届けるバンドがね。そういったバンドこそが、俺に影響を与えているんだ。



Thank you for reading.If you like , please share.
Please follow SEI LIBRARY on Instagram/Twitter that inform posting new article to you.

読んでいただきありがとうございます。
気に入られましたら、ぜひシェアお願いします。ツイッターとインスタグラムで、SEI LIBRARYのフォローをお願いします。ブログの更新をお伝えしております。

SEI LIBRARY INSTAGRAM
https://www.instagram.com/seilibrary/

All rights reserved.
転載不可

Remove all ads

KEDR LIVANSKY

f:id:seiichiroslibrary:20170211014051p:plain

 

January Sun EP - Kedr Livansky

Hi,
Long time no see.

Represented by Buttechno who make Gosha Rubchinskiy’s show music,
Russian young generation music scene is very interesting.

This time, I introduce female artist Kedr Livansky from Moscow.
Not only music but also music video is cool.
And also her thinking is very interesting.
Please learn the concept of moment from special interview .

Regards,
SEI


こんにちは。お久しぶりです。

Gosha Rubchinskiyのショーミュージックを手がけるButtecnoに代表されるように
若い世代のロシアの音楽シーンは非常に興味深いものがあります。

今回はモスクワ出身の女性アーティスト、Kedr Livanskyを紹介いたします。
音楽だけでなくミュージックビデオもとても格好よいです。
そしてまた彼女の考え方もとても興味深いものがあります。
彼女のインタビューから瞬間の概念を学んでみてください。

SEI


♪MUSIC♪

January Sun EP
https://soundcloud.com/2mrecords/sets/kedr-livanksiy-january-sun-ep

Otvechai Za Slova (Keep Your Word)
https://www.youtube.com/watch?v=fsdkzgoLoGo


♪PROFILE♪

Moscow,Russia
Born in 1990

f:id:seiichiroslibrary:20170211013955j:plain

taken by Kojiro Mori
@jiromorri on Instagram

 

♪SPECIAL INTERVIEW with Kedr Livansky♪

Q
What is the most important thing that you want to communicate to listeners through this?
A
In truth,there is nothing to tell and explain to the people.Two main things.First-you save yourself through the things which you do,creating another field. 
Second is the need to share it with the world.
It’s cool that there is nothing to explain to the people about the songs.They feel and understand everything even those who don’t know Russian.
And also it’s cool when the universe which you’ve created is pouring to the universe of the listener. Then the third universe borns, a special universe of relationships between your music and life of that human. A kind of a qualitative transformation. It means that song begins to be a part of his memories, bound in some moments which are lived by him. Breeds new images.It’s the most nice thing that music can do with another person. The same as the music of other musicians does with me.

Q                                                          
For that , how did you try to make this?
A
I’ll say again :).What I do is not the massage to the people of something certain. I capture the moment of my inner world and lived moments inside. I do believe that in real it all comes from the ego. Creation is not a missionism. It’s a salvation of yourself firstly. 
Of course there is an ideological art. But in general art is the study of the internal and external world and your instrument and how it is going through each other. Especially music. Usually it’s a sphere of unconscious like a poetry. Not like a story with specific thoughts about the world. 
Music is a song about the sea. What is the idea of it? Only beauty and attitude.
I’m telling only about my own approach. not for all music. Maybe one day my approach will change.
There are structuralists, formalists and many others I love and respect all of them. But I’m still stuck on a sphere of supersensitive perception. It’s like romanticism in painting or poetry or even like in mannerism.  
Perhaps these motifs are present in the lyrics: the lyric hero in the centre, alone in the world, burning, confused, looking to see some another reality in the reality in which he is forced to live.
This feeling of abandonment is more expressed in the album cover’s work. Desolate industrial areas. We don’t see the hero’s face. The hero is hidden. This is important. The moment of secret and something that is hidden.  That you need to go where it’s hidden.
Music is developing very intuitive. The main in the moment of writing for myself is to reach the condition where I’m free from the thoughts. Where I don’t think about criteria result, output. Where I’m more in the moment. It’s very important to archive such conditions in the work that it doesn’t become precise trade where you know what beat will kick everybody and others. 
Recently I understand more and more how it important to concentrate exactly in the moment. Magic should be. Everything out of magic goes to trash bin because it’s dead.

Q
What is the theme you are looking for through making music?
A
I want to gradually move away from melody as from formative composition. It’s like I want to stop hiding behind structures of the lyrics and forms.
More focus on the sound and how it changes. Through these things you also can tell stories. 
Actually I would like to dive into the music as deeply as possible, to learn, to do, to study, to find new music, to understand music which I don’t understand, to explore sound physically. In general.

Q
Please recommend Russian contemporary musicians.
A
DJ KASSIR 
BUTTECHNO
PIPER SPRAY
FLATY
Jeff Boomhauer ( Missisippi Landscapes, Foggy Music ) - one guy.
KP Transmission
Dmytrij Wulffius - (from Ukraine)

Q
How was your first visit of Japan IN 2016?
A
Breathtakingly. You have a completely different sky, then in our regions.
Low and Huge.
I’m very interested in traditional culture. I’d like to travel more in Japan. And nature! 
All days felt like some movie. Thanks to all from Big Love’s crew.
It was an incredible trip! And I had temperature about 38, so all time I was like in condition of altered consciousness. It was adding more contrast in my feelings. 
Most of all I was impressed when we rode into town from the airport and all building were white, the sky was white and ocean was blue. It’s like only white and blue - the colors of some purity.
In Tokyo it’s cool to do some things with music, to go to concerts, to share information with people. 
And in Kyoto it’s just super nice and beauty.
I would like to come again!

 

♪ Kedr Livanskyへのスペシャルインタビュー♪

Q
この作品で一番伝えたいことはどんなことですか?
A
実をいうと、みんなに伝えたいことや説明したいことなんて何もないの。
(ただし)主に2つあるのは。まず、自分がなすこと、他の領域を作り出すことによって自分自身を救えるってこと。もうひとつは、世界にそれを共有する必要があるってことね。
曲について人々に説明することが何もないというのはクールだと思うわ。リスナーは全てを感じ、理解するのよ。彼らがロシア人のことを何も知らなかったとしても。
そしてまたクールなのは、作り出した宇宙がリスナーの宇宙に流れていった時。それから音楽とリスナーの人生の関係性という特別な三つ目の宇宙が生まれること。そのことは、楽曲が聴く人達の記憶、リスナーのおかげで存在する結びつけられた瞬間となり始めるということでもあるのよ。
新しいイメージが生まれる。それは、音楽が他の人々にできることで最も素敵なことだと思う。他のミュージシャンの音楽も、同じように私にしてくれるわ。

Q
どんなところにこだわって作りましたか?
A
繰り返して言うわ:)。私がすることは特定の何かの人々へのメッセージではないの。私の内側にある世界の瞬間を捉えて、そしてその内側の瞬間の集まりに生きている。現実はすべてがエゴからやってくるのだと信じているわ。創作は使命主義ではないのよ。まず第一にそれは自分自身の救済なのよ。もちろんたしかにイデオロギー的なアートもある。けれど一般にアートは、内側と外側の世界、あなたの手段、お互いを通じ合うものはどういうものなのかを探求すること。特に音楽は。たいていそれは詩のような無意識の球面でもある。世界についての明確な思想を伴ったストーリーではない。
音楽は海についての歌。それのアイディアは何か? 美しさとアティチュードだけ。私独自のアプローチを話しているだけなんだけど。音楽だけに限らず。おそらく私のアプローチもいつか変わるのでしょう。
構造主義者、形式主義者、私の愛する多くの他の人達がいる。それらすべてをリスペクトしている。けれど私はまだ非常に繊細な球面にとどまっている。それはちょうど絵画や詩のロマン主義、もしくはマニエリスムでさえある。
おそらくこれらのモチーフが歌詞の現状でもある。中心にあるリリックヒーローは、世界でたった一人、燃えていて、混乱していて、生きることを強いられている現実の中のいくつかの他の現実を見ている。
この気ままな感情はアルバムのカバーワークにより表現されていて。荒れ果てた工業地帯。ヒーローの顔は見えない。ヒーローは隠れている。これが重要なの。秘密の瞬間、何かが隠されている。あなたは隠されている場所に行かなくてはいけない。音楽はとても直観的に発達していく。私にとって作曲のときはほとんど、思考から解き放たれている状況にある。標準の結果、アウトプットについて考えていない場所。瞬間にもっと私はいる。そのような瞬間を記録することは作曲においてとても重要。そうすることで規則どおり方法にならずに済む、人々に響くことのないビートを作らずに済むのよ。
最近、より瞬間に正しく集中することがどんなに重要かわかってきたの。魔法はあるべき。魔法から出てくるものは何であれゴミ箱ゆき、なぜならそれらは死んでいるから。

Q
音楽を通して何を探求されていますか?
A
形式的な構成より、次第にメロディーから離れていって欲しい。歌詞と形式の構成の背後に隠れているものを止めたいかのように。サウンドとそれをどのように変えるかに集中している。これらの物事を通してストーリーも語れるようになる。
実際、できるかぎり深く音楽の中に深く潜り込みたいと思っている。新しい音楽を学ぶために、実践するために、研究するために、見つけ出すために。私が理解きない音楽を理解するために、肉体的にサウンドを押し広めるために。だいたいにおいて。

Q
ロシアの同世代のミュージシャンをレコメンドしてください。
A
DJ KASSIR 
BUTTECHNO
PIPER SPRAY
FLATY
Jeff Boomhauer ( Missisippi Landscapes, Foggy Music ) - one guy.
KP Transmission
Dmytrij Wulffius - (from Ukraine)

Q
2016年初の日本の訪問はいかがでしたか?
A
息を飲むほどに、私たちの地域とは全く違う空。低くて巨大。
伝統的な文化にとても興味がある。もっと日本を旅したいと思っている。それから自然も!
すべての日が映画のようだった。BigLoveのクルーありがとう。
素晴らしい旅だったわ。それに体温が38度ぐらいあって、まるでずっと改変された意識って状態だった。そのことが私の感情にさらなるコントラストを与えていたんだと思うわ。とくに印象に残っているのが、空港から街へ向かっている時、すべてのビルが白く、空が白く、海が青だったこと。白と青だけだったのよ。純粋な色。
東京では音楽でいくつかクールなことをしたわ、コンサートに行って、人々と情報をシェアしたの。
京都はすばらしく素敵で美しかった。
また訪れたいわ!


♪SPECIAL THANKS♪

BUTTECHNO
He introduced her to me!!
His article is here.
http://seilibrary.hatenablog.com/entry/2016/09/03/135151
http://seilibrary.hatenablog.com/entry/2016/07/03/162924

 

Thank you for reading.If you like , please share.
Please follow SEI LIBRARY on Instagram/Twitter that inform posting new article to you.

読んでいただきありがとうございます。
気に入られましたら、ぜひシェアお願いします。ツイッターとインスタグラムで、SEI LIBRARYのフォローをお願いします。ブログの更新をお伝えしております。


All rights reserved.
転載不可

THE THREE O’CLOCK 

f:id:seiichiroslibrary:20161203174238j:plain

THE THREE O’CLOCK (aka The Salvation Army)

 

With A Cantaloupe Girlfriend
https://soundcloud.com/burgerrecords/the-three-oclock-with-a-cantaloupe-girlfriend


HI

Recently , I have found the young and fresh band through BURGER RECORDS on Sound Cloud.
This band is called THREE O’CLOCK.I have stoked especially on With A Cantaloupe Girlfriend.Band’s logo and visual is so retro. I think it is very stylish.

Then I asked BURGER RECORDS to interview with them.
After receiving to reply, finally I got it.
THE THREE O’CLOCK is legendary band in LA since 1980s.
And they came Fuji rock Festival in 2014.
I didn't know that at all. I am sorry.

But I proved their music haven’t got old.
At least I felt freshly new song by new band.

Regards.
SEI


こんにちは。

最近、Sound CloudにてBURGER RECORDSの選曲を聴いていたとき、素晴らしい新人バンドを発見しまして。THE THREE O’CLOCKというバンドで、With A Cantaloupe Girlfriendという曲にすっかりハマってしまいました。バンドのロゴも写真もレトロで、格好いいなと思いました。

そうして僕は、メンバーに取材できるようBURGER RECORDSに相談しました。

バンドからの返事が来てやっと気づきました。
THE THREE O’CLOCKは80年代からいるLAの伝説のバンドだったのです。
しかも、2014年にはFUJI ROCK FESTIVALにも出演していたらしく。
全然知りませんでした。大変失礼しました。

でも、彼らの音楽が全く古くなっていないことを証明できたと思います。
少なくとも僕には、新しいバンドによる新しい新鮮な曲だと感じました。

SEI

(参考)
Fuji Rock Festivalのレビューです。
http://fujirockexpress.net/14/p_4692


日本にもまた来たいと言ってくれていて。
興味のあるイベンターさんいらっしゃいましたらDannyとつなぎますので、
コメント宜しくお願いします。


♪PROFILE♪

 

Michael Quercio
John Blazing
Troy Howell
Gregg Gutierrez, later known as Louis Gutierrez
Mickey Mariano
Danny Benair
Jason Falkner

Los Angeles
1981–1988, 2013–present

https://soundcloud.com/the-three-oclock
https://www.facebook.com/The-Three-OClock-198570456821504/

 


♪Interview with Danny♪

Q
What is the most important thing that you want to communicate to
listeners through your music?
A
We hope that they love the music that we have made,and is special to
them. The way records resonate to us by other artists.

Q
What is the theme you are looking for through making music?
A
We are a band for people with no friends.. We are here for you...

Q
Why did you choose Three O’Clock as your band name?
A
We were called Salvation Army (A charitable group).Michael Quercio
came in one day and suggested the name,which can mean many thing to
many people. We rehearsed at Three O’Clock.

Q
Who inspire you?
A
Everyone in the band has different inspirations. The Beatles for sure.

Q
Please message to Japan.
A
We would love to return to Japan if anyone is interested. We only
played the Fuji Rock Festival,so keep us in mind! Thanks!

 


♪Dannyへのインタビュー♪

 

Q
音楽を通して一番伝えたいことはどんなことですか?
A
リスナーが僕らが作った曲を愛してくれることを願っている。彼らにとってその曲達が特別ものであればと思う。他のアーティスト達が作ったレコードに僕らが共鳴するようにね。

Q
音楽制作を通して探求しているテーマは何ですか?
A
僕らは友達がいない人々へのバンドなんだ。君のために僕らはいるんだよ、

Q
The Three O’clockをバンド名にした理由を教えてください。
A
Salvation Army(救世軍/慈悲深いグループ)と呼ばれていたんだけど。
ある日、Michael Quercioがやってきて、The Three O’clockを提案したんだ。人によって受け取り方が違う名前だよね。僕らは3時にリハーサルをしたんだ。

Q
誰にインスパイアされますか?
A
バンドのみんなが異なるインスピレーションを持っている。The Beatlesはたしかだね。

Q
日本へのメッセージをお願いします。
A
日本へまた戻れたらと思うよ。もし誰かが興味を持ってくれているのなら。僕らは(2004年に) Fuji Rock Festivalで演奏したきりだから。覚えていてくれよ! ありがとう!

 


Thank you for reading.If you like , please share.

Please follow SEI LIBRARY on Instagram/Twitter that inform posting new article to you.


読んでいただきありがとうございます。

気に入られましたら、ぜひシェアお願いします。
ツイッターとインスタグラムで、SEI LIBRARYのフォローをお願いします。ブログの更新をお伝えしております。


All rights reserved.
転載不可

PLASTIC PINKS

f:id:seiichiroslibrary:20161119145407j:plain

El Animal-PLASTIC PINKS

https://plasticpinks.bandcamp.com/album/el-animal

 


Hi

I introduce Plastic Pinks new EP.
Honestly speaking, I was surprised at listening at “At World’s End” first time.
They are not only writing short songs but long songs.
And I felt their sound has changed.
One of the reason is new band member joined.
Another is that Gordon Raphael who produced The Strokes mixed At World's End and My Frenzy State from their EP.
However I think primary reason is that they got over tough times of their life and work writing so hard and believe possibility of rock music.
You can see that such a June’s feeling behind this EP on this interview.

Regards,
SEI

 

こんにちは。

Plastic Pinksの新しいEPを紹介いたします。
正直言って、 “At World’s End”を最初に聴いた時には驚きました。
彼らは短い曲だけでなく、長い曲を書くのも得意だったのです。
そしてまた、彼らのサウンドが変わったようにも感じました。
理由のひとつは、新メンバーが加入したことであり、
他には、The Strokesの初期の作品をプロデュースしたGordon RaphaelがEPのうち、”At World's End” と”My Frenzy State”をミックスしたこともあるでしょう。
しかしながら一番の理由は、彼らが人生の厳しい時期を乗り越え、懸命に作曲に取り組んだから、ロックの可能性を信じているからこそだと思うのです。
今回のインタビューでは、EPの背後にあるそのようなJuneの気持ちを知ることができます。

SEI

 


♪PROFILE♪

June Summer - Lead Vocalist/Back Vocals
Augie Pink- Rhythm Guitar/Vocals/Back Vocals
Rod Woolf- Lead Guitar/Back Vocals
Dane Giordano- Bass/Back Vocals
Trevor Mustoe- Drums/Back Vocals

Miami Florida

https://www.reverbnation.com/plasticpinks
https://soundcloud.com/plastic-pinks
https://plasticpinks.bandcamp.com/

f:id:seiichiroslibrary:20161119145447j:plain


♪PAST ARTICLES♪

About early works
http://seilibrary.hatenablog.com/entry/2015/09/03/231515

About David Bowie
http://seilibrary.hatenablog.com/entry/2016/01/17/111313

Ex Plastic Pinks member’s project
Denudes
http://seilibrary.hatenablog.com/entry/2016/07/24/152633

 


♪Interview with June Summer♪

Q
What is the most important thing that you want to communicate to listeners through this song?
A
The song “At World’s End” is about how we go through life seeking riches or whatever was embedded into our minds and how we forget to actually live our lives to the fullest, when knowing that at the end of this journey we all suffer the same fate. It's in a way tackling various themes in life like self acceptance, learning to appreciate the journey and so on.

 

Q
For that , how did you try to make these songs? Please teach me from the perspective of music , lyrics and artwork.
A

In this art for our EP “El Animal”, we decided to have something that would express where we are at as a band, the things we have gone through in the past year and how we had to deal with deaths of friends, family and an injury that could have caused me to go paraplegic if not dealt with on time. Things looked pretty dark for a second there. The design was made by Kati Laker and when we saw it we said "that is the one".
All these songs came from a really rough time and us having to stay positive and not letting anything stand in our way. We have some new members in the band,Rod Woolf on lead guitar, Trevor Mustoe on the drums and with this new blend of styles we were able to reach a sound we had sought out for.

 

Q
Who inspire you in these days?
A
In all honesty my inspiration is Iggy Pop for the most part, even though we might do somewhat different music. I just saw the Gimme Danger documentary and I almost cried. The Stooges did it so good. I'm sure all my bandmates have their inspiration come from bands that go through it all for the love of music. Thats how we are, we get tested but we stand tall and don't let situations or bullshit get in the way of our real goal, which is to make music and live our dream. There is no room for negativity, it may come from time to time but you have to overcome it.
The Who, Rolling Stones, MC5, among a million more.

 


♪June Summerへのインタビュー♪


Q
この作品で一番伝えたいことはどんなことですか?
A
“At World’s End”は、どのように人生を通して、豊かさを探し求めていくかってこと、もしくは、頭の中に何が埋め込まれようと、充実した人生を生きるために忘れる方法について。
みんな同じ運命を受け入れることつまり、この旅の終わり知る時、ありのままの自分を受け入れること、旅の真価を学ぶこと、など、人生において取り組む多様な方法のことなんだ。

 

Q
どんなところにこだわって作りましたか?
A
“El Animal”のアートワークでは、俺らは決めたこと、それは、俺らがバンドとしてあること、過ぎ去ったこと、そして友達や家族のの死、そして自分自身が、もしその時対処しないかったら体が麻痺にしけたかもしれない傷害に、向き合わなくてはならなかったこと、そういったことを表現しようと決めたんだ。物事は、(死や傷害に向き合うことについては)物事はとても暗く見えた。デザインはKati Lakerによるもので。これを見つけた時には’まさにこれだ’と言ったほどで。
これらすべての曲は本当につらい体験から生まれたものだ。ポジティブでいようとした、俺らの道を何かが立ってふさがないようにした。Rod Woolfをリードギター、Trevor Mustoeをドラムに迎えたことで、この音楽スタイルの新しいブレンドで、探し求めていたサウンドに辿りつくことができたよ。

 

Q
最近では何にインスパイアされますか?
A
正直、俺のインスピレーションのほとんどはIggy Popだよ。俺らは多少違う種類の音楽をやっているのにもかかわらずね。(Iggy Popのドキュメンタリー)”the Gimme Danger documentary”を見たばかりで、ほとんど泣いていたよ。The Stoogesは素晴らしかった。俺は、バンドのメンバー全員がインスピレーションを、音楽への愛を貫いているバンドから得ていると確信しているよ。それらが俺らがいる理由だ。俺らは挑戦してそれでも立っている、状況やたわごとに俺らの本当のゴールへの道を邪魔をさせたりしない。本当のゴールとは、音楽を作り夢を生きることだ。そこにネガティヴィティの入るな余地はない。それは、時々はやって来るかもしれないけど乗り越えなきゃいけないんだ。
他にもある中でも、The Who, Rolling Stones, MC5からインスパイアされるよ。

 

 

Thank you for reading.If you like , please share.

Please follow SEI LIBRARY on Instagram/Twitter that inform posting new article to you.


読んでいただきありがとうございます。

気に入られましたら、ぜひシェアお願いします。
ツイッターとインスタグラムで、SEI LIBRARYのフォローをお願いします。ブログの更新をお伝えしております。


All rights reserved.
転載不可

IDOL

f:id:seiichiroslibrary:20161106124754j:plain

First Act - IDOL

https://itunes.apple.com/album/first-act-ep/id1162870771?l=zh

f:id:seiichiroslibrary:20161106124907p:plain

Burn Me Up from First Act - IDOL

https://itunes.apple.com/us/album/burn-me-up-single/id1156454497
https://soundcloud.com/i-d-o-l-music/burn-me-up-1

 

 

Hi

I introduce IDOL’s new EP.

Declan(Vocal and guitar) is one of the best musicians for me.
I really like his work:
music(melody and harmony, his voice and guitar riff),photo(artwork and himself),logo(artwork band logo).

He is very smart and talented.
And also he is hard worker for ideal.
So He knew he need new band member for making new sound.

Previous EP was Declan’s solo project.
But this time He made this EP as a band.
So it called "First Act”.
Result is splendid.

All songs are really good. Please check!

Regards,
SEI

 

こんにちは。

IDOLの新しいEPを紹介します。

Vocal and guitarのDeclanは僕にとっての最高のミュージシャンの一人です。
彼の作品がとても好きです。
音楽(メロディー、ハーモニー、彼の声、ギターのリフ)、写真(アートワークや彼自身)、ロゴ(アートワークやバンドのロゴ)

彼はとても頭が良く、才能があります。
そしてまた理想のために熱心に働く人でもあります。
だからこそ彼は新しいサウンドを作るためには、新しいバンドメンバーが必要だとわかっていたんだと思います。

前作のEPは完全にDeclanのソロプロジェクトといった感じですが
今作はバンドとして作られています。
だから、"First Act”というタイトルなんですね。
結果は素晴らしいです。

すべての曲がよいので是非チェックしてみてください。(iTunesで試聴できます)

 

敬具
SEI

 


♪PROFILE♪

Declan Cullen
James Bennewith
Aaron Molyneaux
James Tickle


High Wycombe, UK
2015〜
http://www.idolmusic.co.uk
https://soundcloud.com/i-d-o-l-music

f:id:seiichiroslibrary:20161106124928j:plain

 


♪PAST ARTICLES♪

About 1st EP
http://seilibrary.hatenablog.com/entry/2016/01/08/205137
About David Bowie
http://seilibrary.hatenablog.com/entry/2016/01/17/111313
About Hedi Slimane
http://seilibrary.hatenablog.com/entry/2016/04/10/131216

 


♪SPECIAL INTERVIEW with Declan♪

Q
What is the most important thing that you want to communicate to listeners through this EP?
A
Our biggest goal with our EP was to write great pop songs with big chorus and interesting melodies. We wanted to lift people with our music and write something that sticks with them throughout their day. I feel that sometimes, a lot of rock music is trying very hard to be obscure and although we partly come from that background as individuals, with our wide-spanning musical tastes; for this band, we wanted to eliminate all the fat around our songwriting, and just create hooks.

Q
For that , how did you try to make these songs? Please teach me from the perspective of music , lyrics and artwork.
A
Myself and James, the guitarist would spend hours coming up with ideas, be it a guitar riff or perhaps a simple rhythm. We would demo it on my laptop and try to add layers and different sections to create a song. We would then take it to rehearsal and show it to the rest of the band, to get their input. After the music is written, we add some lyrics to it, focusing mainly on the chorus and keep practicing it until it's ready to play live or record properly in studio. There's nothing particularly special about our writing process, but as I mentioned before, we have a certain formula that we stick to, that dictates the end result of what a song should be or sound like when finished.  
For the artworks, I feel that we're a very visual band, and that our music sounds best when put to image or video. The inspiration behind a lot of our bands themes are of Americana, or Western culture in general, be it in the lyrics, music, or the inspiration for album artwork... For instance, the "Burn Me Up" single has an image of a Space-X rocket, launching to resupply the International Space Station. This was a imagery to the space race of the 1960's and perhaps more obviously, to the imagery within the lyrics, of destructively "burning up" in your social life, or embarking on a great adventure
The "First Act" EP cover, has the rear end of a cadillac, this is a reference to the invention of the motor car and how the west harnessed it to forever change the way we live and work. Perhaps, it's not that deep, at the end of the day, we just liked the way it looked, but there's always a few layers to everything that we do. 

Q
Did anything happen in new band member?
A
Yeah, within the last 6 months we have become a fledged fledged band, with Aaron Molyneaux and James Tickle playing the Drums and the Bass Guitar. They are both great musicians.


Q
Who inspire you in these days?
A
Personally, I have been most recently listening to a lot of Angels and Airwaves and Blink 182. I like the Guitar harmonies and the production. I have also been listening to some old Doo-wop groups, I really like the vocal harmonies, which is something we try and incorporate into our own music. 

 


♪SPECIAL INTERVIEW with Declan♪

Q
この作品で一番伝えたいことはどんなことですか?
A
新しいEPにおける一番の狙いは、力強いコーラスと興味深いメロディーで素晴らしいポップソングを作ることだった。音楽でみんなの気持ちを高めたいと思ったし、聴く人を一日中夢中にさせるような何かを作りたいと思った。多くのロックミュージックは、明瞭さを欠いていると時々感じることがある。けれども僕らは、ある程度個人としてのバックグラウンド、広いスパンの音楽的な嗜好に由来しつつ、このバンドにとって、僕らはソングライティングのまわりのすべての脂肪を排除して、ただフックを作ろうとしている。


Q
どんなところにこだわって作りましたか?
A
僕とJames、ギタリストの二人はアイディアを思いつくのに時間を費やしたよ。そのアイディアをギターのリフに、シンプルなリズムにしていった。僕らはそれをラップトップのデモにしてレイヤーを加えて、曲の違う部分を作っていった。それから、それをリハーサルに持っていてバンドの残りのメンバーに聴かせた、彼らからのインプットを得るために。曲を書き終えると、歌詞を加えた、主にコーラスに注力して。それからライブの準備や、スタジオできちんとスタジオで録音するために練習し続けた。僕らの作曲のプロセスにとりわけ特別なところはない。でもあえて言うとしたら、こだわった明確なフォーミュラがあった。それが最終的にどんな曲であるべきか、どのような音で終わるべきかを指揮していったんだ。
アートワークについて言えば、僕らはとても視覚的なバンドだと思う、イメージやビデオの上に置かれた時、僕らの音楽は一番響くんだ。バンドの背後にあるインスピレーションはたくさんある。テーマはたいてい、アメリカーナ、ウェスタンカルチャーだ。それを歌詞や音楽、もしくはアルバムのアートワークのインスピレーションにしたりする。例えば、"Burn Me Up”のシングルのイメージは国際宇宙ステーションへの再補給のために発射しているSpace-X rocket。これは1960年代の宇宙競争への関連で。それから、おそらくもっと明らかなのは、歌詞の中のイメージにある、社会生活の中での破壊的に燃え上がること、あるいは素晴らしい冒険に向けて準備すること。
"First Act" EPのカバーはキャデラックの後ろで。これはモーターカーのイノベーションと、西部が車を永遠に動力化して我々の生き方や働き方を変えていったかについてのリファレンスなんだ。あるいは、それは深くはないのかもしれない。一日の終わり、単純にその見た目が好きなんだ。でも僕らがすることにはいくつかの階層がいつだってあるんだよ。

 

Q
新しいバンドメンバーで何かありましたか?
(訳注:前作はDeclanのソロプロジェクトだったが、今作はバンドとして取り組んでいる)
A
もちろん、最近六ヶ月で完全に一人前のバンドになったよ。Aaron MolyneauxとJames Tickleがドラム、ベースを演奏してくれている。彼らはともに素晴らしいミュージシャンだよ。

 

Q
最近では何にインスパイアされますか?
A
個人的には、最近はたくさんAngels and AirwavesそしてBlink 182を聴いている。ギターのハーモニーとプロダクションが好きなんだ。それから古いDoo-wopのグループも聴いているよ。ボーカルのハーモニーすごく好きで、それは僕らの音楽と結びつけられるようなものでもあるんだ。

 

 

Thank you for reading.If you like , please share.

Please follow SEI LIBRARY on Instagram/Twitter that inform posting new article to you.

 

読んでいただきありがとうございます。

気に入られましたら、ぜひシェアお願いします。
ツイッターとインスタグラムで、SEI LIBRARYのフォローをお願いします。ブログの更新をお伝えしております。


SEI

 


All rights reserved.
転載不可